生活協同組合コープさっぽろで、安心生活はじめましょう。

ホーム > どーでもいい話 > なに派か・・・

なに派か・・・

釣りに行きたい・・・「キャプテン・メタボ」です。



リリーさんのブログに書いてありましたが、

なんでも「さん」をつけると誤解を招きますですよ。

回転ずしで、まちがえて三個来るのはまだいいですが、

車の購入でそれをやると

一生物の不覚をとることになりますですね。

それから、メタボディさんのコメントに書いてましたが、

外国の方に面白がって、「お勘定のことをお浣腸」とか、

教えるのはやめましょうね。面白いので・・・


ところで、今日もどうでもいい話なんですが、


「犬好き」と「猫好き」
 

「うどん好き」と「そば好き」


「野球好き」と「サッカー好き」


「コーヒー好き」と「紅茶好き」


「ビール好き」と「焼酎好き」」


「海釣り好き」と「川釣り好き」


「山登り好き」と「海好き」


等各自いろんな「派」がありますですね。んで、とりあえず「派」について何か言いたいのかというとそうでもないんですね。



明日でオリンピックも終わりですが、

日本人は「個人競技」より「団体競技」が得意。

と思っていたんですが、

なんだか最近変わってきてまして(お家芸の柔道は除き)、

北嶋選手のように「孤高のアスリート」みたいな人もだんだん増えてきましたね。

サッカーの中田、野球の野茂やイチロー等がそのさきがけでしょうか。


今回のオリンピック、ソフトボールと女子サッカー以外の団体競技はあまりふるいませんでしたね。


本来は個人戦が主である、「水泳リレー」「体操団体」「卓球団体」などが健闘しました。

そして、昨晩の「男子400mリレーでの銅メダル」獲得!

まさにボクは日本人得意の「団体競技」の面目躍如と思いました・・・などと書くことがないので書いている午前8時のキャプテン・メタボであったのね。



コメント: 4

メタボディ 2008年8月23日 11:52

こんにちは、団体競技が苦手だったメタボディです。(@_@;)
私は、今回のオリンピックを「団体競技の輝き」と「個人競技の輝き」を考えながら見てましたよ~w
きっと日本人は生活が変化して、協力や助け合いといった本来の日本人の良さが薄れてしまっている事に繋がっているんだろうと思いました。
国全体の方向が変わらなければきっと益々団体戦は弱くなって行くのでしょうね(;;)

リリー 2008年8月25日 10:01

キャプテンメタボさん、おはようございます!
いや~確かに!!
車だったら大変だshock
ヒヤヒヤ・・・
そうですね~オリンピックって、そういう
見方もあったのですね~
メタボディさんのおっしゃる通り、
協力や助け合いが薄いのが今の日本の現状
ですcrying
近所付き合いとか無くなりましたもんね。
さみしい世の中ですが、400メートルリレーは
すごく4人のチームワークを感じましたよheart02
見習いたいリリーなのでありましたgood

キャプテン・メタボ 2008年8月26日 12:46

メタボディさん!
いつもコメントありがとうございます!
 
そうなんです。
ボクも同じことを考えていたんです。


団体戦をもっとオリンピックで、
増やすと面白いんだけどなぁ・・・

柔道とかレスリングとか、
二人三脚とか玉入れとか・・・
・・・あ!これは運動会!!

キャプテン・メタボ 2008年8月26日 12:50

リリーさん、コメントありがとうございます!


ちなみにボクはお隣さんとまだ話したことがありません。札幌に来て5年以上になるんだけど・・・

リリーさんは近所付き合いは得意?苦手??


ボクは面倒なことは避けて通るのね。
あんまりよくないことだけど。
でも、電車できちんと席は譲ります。

コメントフォーム

誹謗中傷や悪意のある書き込み、営利目的などのコメントを防ぐために投稿された全てのコメントは一時的に保留されます。また、コメントの投稿について、詳しくは「ブログの使い方」ページをご覧ください。

Insert Emoddy tag

トラックバック: 0

この記事のトラックバックURL
http://blog.todock.com/mt/mt-tb.cgi/10509
この記事へのトラックバック一覧
なに派か・・・ from [シーズドラッグ]Wellness Life

ホーム > どーでもいい話 > なに派か・・・

ブログ内検索
お気に入り・フィード購読
個別バナー
ページ一覧
QRコード
携帯でも[シーズドラッグ]Wellness Life
http://blog.todock.com/mt4i/wellnesslife/
HELPバナー
共通バナー
Google アドセンス

ページの上部へ