生活協同組合コープさっぽろで、安心生活はじめましょう。

ホーム > メタボ外伝 > メタボ外伝)米国・LA編16

メタボ外伝)米国・LA編16

  • 投稿日時: キャプテン・メタボ
  • 2008年5月17日 06:00
  • メタボ外伝

石橋をたたいての・・・「キャプテン・メタボ」です。

今日はLA店舗視察第4日目です。

きょうも働き者ライオン号はどっかに向かう。

 

今日の予定です。

「スーパーターゲット→ウォル・グリーン&ライトエイド→モレノ・バレー・モール→ロングスドラッグ→CVS」という行程ですね。


 

相変わらず南か北か上か下か斜めか直角かわかりません。

わかるのは米国でありLAであるということだけです。

Photo_11

この日興味深かったのは「CVS」

Photo_12

ミニッツクリニックですね。


何をしているかというと、店内に(厳密に言うと違うのかもしれませんが)、簡易診療所があるんですね。



医者に准ずる人がいて、カンタンなカウンセリングを受けて、その場で処方箋を発行してもらうんですね。



もちろん、すべての診察は無理ですので、症状によっては「病院での検査」をおすすめしたりします。




「地域の方の健康維持の向上に役立つお店」




これが小商圏でのドラッグストアの大事な役目ですね。そういう意味ではこれからどんどん広がるでしょうね。ただし採算が取れるかが問題です。




今、アメリカでは調剤薬品の価格破壊がおこっています。

発端は「ウオルマート」です。

D2de0549

ジェネリック(特許が切れて安く販売できる効能が同等の)医薬品を1ヶ月4ドル以上かかりません。

ということをスタートしたのです。

Ff22100cs

この波紋は大きいです。



ドラッグストアにとって例えばウオルグリーンは「調剤の売り上げ構成比が約6割りあります」



その調剤の利益率は18%以下だそうです。



しかも、ジェネリックになることで単価が下がります。



ですから、大手ドラッグチェーンは「調剤」の単価が下がり、利益率が下がるという影響があるわけです。




ということでウオルグリーンも当初は静観でしたが、とうとう対抗せざるを得ません。

月間何ドルかの会費を払うとジェネリック薬品が「4.99ドル」というのを一部のお店でスタートしました。



薬事法等が違いますから、日本がそのままそうなるとは思いませんが、すごい競争が起きていましたです。


F26c99f0s




ウオルグリーンはウオルマートとある意味、同じ土俵で戦わず伸びてきたわけです。

それは、「ウォルマートが得意とする品揃え・価格」では真っ向勝負せず、「コンビニドラッグ」として「近くにあり」「(適切な)価格で」「便利な品揃えで」「最高の接客とサービスを提供する」というのが今までの強みだったからです。



・・・ん~~・・・厳しい戦いです!!
 


・・・ということで・・・つづく・・・

トラックバック: 0

この記事のトラックバックURL
http://blog.todock.com/mt/mt-tb.cgi/10327
この記事へのトラックバック一覧
メタボ外伝)米国・LA編16 from [シーズドラッグ]Wellness Life

ホーム > メタボ外伝 > メタボ外伝)米国・LA編16

ブログ内検索
お気に入り・フィード購読
個別バナー
ページ一覧
QRコード
携帯でも[シーズドラッグ]Wellness Life
http://blog.todock.com/mt4i/wellnesslife/
HELPバナー
共通バナー
Google アドセンス

ページの上部へ