生活協同組合コープさっぽろで、安心生活はじめましょう。

ホーム > 【 ワイン 】 > | 企画デザイン テツの記事 > 『限定醸造 勝沼 白!』

『限定醸造 勝沼 白!』

寒い日がまだまだ続きますね。
ワイン伝道師ことテツ・ワインスキーです。
 
広告の仕事をしていると
常に季節を先取りしてますので
なんだか感覚は春をとっくに過ぎているのですが
現実世界を目の当たりにすると
季節感がわけわからなくなっちゃいます(゜ロ゜)
   
今日は久しぶりに日本のワインを飲んでみますよ。
日本産ワインって正直言ってあまり飲む機会なかったんです。
 
ついつい、偽セレブな私は、おフランスなものに
手を伸ばしがちです。
ですので、本当の日本ワインの実力たるや!を知る酔い機会です。
いや良い機会です(f*^_^)
080222_2351

しかし、このラベル、
男らしいですね。
      
これで筆文字となった日には
日本酒と間違えてしまいそうな
力強さがあります。
葡萄品種は甲州です。
 
あ、実は最近、私
ポータブルゲームの「ワイン」のソフトを買いまして、
いや、これがまたオモシロイんですよ。
入門編、初級編、とクイズ形式のものを
ゲーム感覚でクリアしていきまして
現在は中級編。
   
ワインを飲みながらこんなお気楽な勉強を
夜な夜な重ねておりますヽ(*^。^*)
 
それで、このゲーム中に
甲州という品種についての記載がありまして
これが日本を代表する白ワイン用の葡萄で
なんと、ドイツでもこの甲州を使ったワインが
製造されているということらしいんです。
すごいですね!
   
   
では、早速開けてみましょう。
一口飲んでみます。
   
辛さは普通とのことですが
私のようにワイン好きな方であれば
ちょっと甘く感じるかも知れません。
    
若干リースリング種に似ている気がします。
   
なるほど、リースリングといえばドイツの代表品種の一つ。
それゆえ、ドイツでこの甲州種が受け入れられやすかった
ということなのでしょうか。
    
でも、よりまろやかな印象です。
ノドにちょっと刺さるような感じもないですね。
       
私はよく、ワインを始められる方には
リースリング種をオススメしていますが
この甲州もいいと思います。
     
ただ、ドイツのワインは日照時間等の関係で
アルコール度数が低く、
それもあって飲みやすいということもあるのですが
この勝沼は12%。
甘さも若干弱めですから入門と言うよりは
入門の一歩次のステップと捉えた方がよさそうですね。
    
日本のワインでいくと
入門向けは「おたるナイヤガラ」なんていうのもよいと思います。
甘くておいしくて飲みやすいですよね。
  
  
今回のこのお酒、
飲みやすいのでついつい飲み過ぎてしまい
ウコンのお世話になってしまいました。(f*^_^)
     
          

ホーム > 【 ワイン 】 > | 企画デザイン テツの記事 > 『限定醸造 勝沼 白!』

ブログ内検索
お気に入り・フィード購読
個別バナー
ページ一覧
QRコード
携帯でもSake Taro Blog
http://blog.todock.com/mt4i/saketaro/
HELPバナー
共通バナー
Google アドセンス

ページの上部へ