生活協同組合コープさっぽろで、安心生活はじめましょう。

ホーム > 過去記事 > 2008年2月 の一覧

2008年2月 の一覧

こんにちは。
昨日のテツさんに引き続き、本日もワインネタを。
   
最近、苦手なジャンルのお酒を克服しようと頑張っているワッキーです。
  
突然ですが、私はワインが非常に苦手です。
苦手というか飲まず嫌いですかね~。
      
ですが、最近はサケタローに掲載されているワインを注文しては、
一人飲み比べをしております。
    
そんな中、ワイン初心者の自分にピッタリなワインを発見しました。
     
それがマンズモンフレール赤やや辛口です。

マンズモンフレール赤やや辛口

今日もワインを飲みましょ〜〜〜♪
ワイン男児テツ・ワインスキーです。
 
わたくし、ワインと言えばほとんど赤で
たまにスパークリングを頂く程度で
白は夏場にちょこっと。

ましてロゼなんて、
1年に1度飲むか飲まないか程度なんです。
そんなわたくしのもとへやってきたワインが
これ、
「サター・ホーム ホワイト・ジンファンデル」
というロゼワインです。
080224_2239
ロゼのイメージって
甘くて、白なのか赤なのか
どっちつかずで
料理にどう合わせたら良いのやら。。。
というイメージしかもっておりませんで(f*^_^)
   
でも、色はきれいだなと思っていました。
   
細かいことは抜きにして早速飲みましょう。
ワインは楽しんでなんぼですよね。
うんちくは、あとから追いかけてきてくれます。

こんにちは、編集デザインのユッキーです。

実は4月からサケタローはプチリニューアルの予定・・・!
  
ですが、3月号から少しずつ変わっています。
  
例えば、ワインと清酒ページに掲載している「今月のお試し」コーナー。
ここでは、飲みやすくて、お手頃価格の一本を厳選して紹介しています。
  
この枠は、どんどん進化させていきたいと思っています。
 
そして、今回はリニューアルの商品選定のために、珍しくお酒のサンプルをいただきました。
  
川鶴酒造 ささにごりゆず酒「ほの柚子」
P1010943

寒い日がまだまだ続きますね。
ワイン伝道師ことテツ・ワインスキーです。
 
広告の仕事をしていると
常に季節を先取りしてますので
なんだか感覚は春をとっくに過ぎているのですが
現実世界を目の当たりにすると
季節感がわけわからなくなっちゃいます(゜ロ゜)
   
今日は久しぶりに日本のワインを飲んでみますよ。
日本産ワインって正直言ってあまり飲む機会なかったんです。
 
ついつい、偽セレブな私は、おフランスなものに
手を伸ばしがちです。
ですので、本当の日本ワインの実力たるや!を知る酔い機会です。
いや良い機会です(f*^_^)
080222_2351

お久しぶりです。商品企画のワッキーです。
  
みなさんは芋焼酎はお好きでしょうか?
ここ3・4年の芋焼酎ブームで芋焼酎をお好きになった方もたくさんいらっしゃると思います。
  
実は私も芋焼酎ブームがきっかけで、ときおり芋焼酎を口にするようになりました。
  
ですが、日頃ウイスキーばかり飲んでいるせいか、
飲んだことのある芋焼酎の種類は、非常に少ないと思います。
  
  
そこで今日は、今まで飲んだ事の無い「黄麹」で仕込んだ芋焼酎にチャレンジしてみます!
その名も「さつま司 黄麹仕込み」
Photo_3

小松帯刀・・・。こんにちはマーチンです。

なんて読むか解りますか?

「こまつたてわき」と読みます。
 
小松帯刀・・・政治家
鹿児島生まれ。幕末の志士。
父は薩摩国喜入の領主肝付兼善、母は島津久貫の娘で、小松清猷の養子となり、藩主島津斉彬の小姓となる。
その後、藩政改革派として藩政に携わり、家老となる。慶応2年(1866)1月、西郷隆盛とともに木戸孝允らとの間で薩長連合を締結。
3年(1867)10月、将軍徳川慶喜に大政奉還を進言した。
明治元年(1868)総裁局顧問に就任するなど新政府で重きをなすが、2年(1869)5月、病気のため官を辞した。
(国立国会図書館:近代日本人の肖像より)
 
 
・・・なんて歴史の小話ではなく、
  
焼酎です。芋焼酎です。
  
SakeTaro2月号で初登場の
「吹上酒造 本格芋焼酎 小松帯刀」。
Photo
 
鹿児島出身の“幻の宰相”とうたわれた小松帯刀にあやかり、
この名を付けたそうです。
Photo_2     

こんばんは。マーチンです。
  
明日はいよいよ St.Valentine’s Day
 

贈り物に困っている方はいらっしゃいませんか?
  
SakeTaro編集部では、
「ゴディバ リキュール」を使ったガナッシュをオススメいたします。

オススメの根拠は・・・
SakeTaro2月号をご覧下さい!

12ページに「ゴディバ リキュール」をレシピ付きで掲載していますが、その後ろ・・・、
“ガナッシュ”の写真が載っていますよね。
Photo_5

これ私の奥さんが作ってくれました。撮影用に。

感謝の意を込め、撮影が終わって食べてみると、
甘すぎない繊細な味わいと、リキュールの深みが口の中一杯に広がります。

これは旨い!

つくってくれてありがとう!!

と、いうことで、作り方はこちらです。
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
      

バレンタインまであと少し・・・
でも終わってしまえばただ日常が過ぎただけ・・・
こんにちはマーチンです。
 
バレンタインには、
チョコレートというのが当たり前すぎるほどの定番ですが、

もっと相手の心をくすぐるプレゼントを贈ってみたくはありませんか?
  
お酒の世界では、「洋酒+チョコレート」「ちょっと高価なワイン」「グラスとラム」など、
普段ではなかなか買わない“お酒”との組み合わせプレゼントが多くなっています。
 
もちろん「SakeTaro」でも。
  
そんな中、私がお願いしたのが、
「プレミアムビール 4種セット bear

普段は発泡酒ばかりの私は、
とっても現実的かつお得なアソートセットを選びました。
  

焼酎大好きユッキーです。
   
昨日の続きで、
  
サケタロー2月号10P掲載
「高千穂初垂れ(はなたれ)とうもろこし」

  
をご紹介します。(写真右)
  
【右】サケタロー2月号10P「高千穂初垂れ(はなたれ)とうもろこし」
    
「はなたれ」は、商品企画フナピーこだわりのお酒で、
以前のレビューでもご紹介しています。
   
蒸留して初めて出てくる原酒を「はなたれ」
(何でこんな名前なのでしょう?)といいますが、
このお酒は、とうもろこし焼酎の
  
『「最初の約1%」100%のはなたれ』
   
です。

言い回しが複雑ですね・・・。

1%しかとれないことで、極上の原酒ともいわれているようです。
高千穂酒造のHPでは、数量限定として紹介されています。
「とうもろこしの焼酎」というのも、珍しいですよね。
   
パッケージは、シンプル&スタイリッシュなデザインで、
女性から「可愛い」という声が上がっています。

女性に人気のパッケージ♪

さて、問題の味わいですが・・・。
   

こんにちは、ユッキーです。
    
突然ですが、私はお酒が本当に好きです。
    
3度の飯よりも好きで、
  
「晩ご飯かビール、どっちを選ぶ?」
   
と聞かれたら、迷わずビールを選ぶと思います。
(そんな嫁どうだろう?と自分でも少し思いますが・・・)
    
でも、まだまだ経験不足で、あまり飲んだことのないお酒もたくさん。

そのひとつがサケタロー2月号10P「焼酎原酒はオトナの楽しみ♪」
で紹介している焼酎原酒です。

【左】黒麹芋原酒 渾身(ありったけ)・【中】原酒 無双37・【右】高千穂初垂れ(はなたれ)

■写真右  高千穂酒造
高千穂初垂れ(はなたれ)とうもろこし

■写真中央 さつま無双
原酒 無双37

■写真左 光武酒造場
黒麹芋原酒 渾身(ありったけ)

※初めて飲んだ原酒です。レビューはこちら
      
せっかく全て入手したので、
先週末に招待されたホームパーティに持参して、
みんなで味わってみることにしました。
      

こんにちは、ユッキーです。
   
節分も終わり、春まであと少し!
ですが、お正月に増えた体重がぜんぜん戻りません。
      
自分もそうですが、特にダンナのお腹と顎のラインが
大変なことになってきました。
    
これがウワサのメタボですか・・・。
    
食生活から見直そうと思い、
今夜のご飯は
「雑穀入りご飯&とろろ」・「豚汁」
のヘルシーメニューです。
毎日お酒を飲みながらも、やはり健康は気になります。
   
ご飯となると、ビールより焼酎!
   
ということで、今日は

サケタロー2月号11P掲載
田苑酒造 田苑金ラベル
    
田苑酒造 田苑金ラベル 
      
を飲んでみました。
         

さてさて、昨日のつづきです。
  
<アルコール度数59%の、ブランデー原酒。
 飲み方はストレート以外どんなのあるのでしょうか。>
  
フムフム、
コーヒーや紅茶との相性もよろしいようです。
   
何滴か入れて飲むと言う事ですね。
じゃあ、とりあえずまろやかにするため
牛乳を入れてみましょう。
    
ブランデー原酒 牛乳と
  
う〜〜ん牛乳入れすぎナノかなぁ。
なんか変な分離したような感じになって
あまりおいしくない。。。
    
それならば
いつもの「マリアージュ」でいってみましょう。
     

こんにちは、テツですよ。
今日も寒いですね(最高気温-5℃。。。)
   
こんな日はアルコールの高いウオッカをクッっと
行きたいところでもって
本日のお酒は
ブランデーの原酒です!

ブランデー 原酒 

このブランデー、1982年に収穫されたブドウからつくられたもので、
25年間もの間、樽の中で長期熟成され、
アルコール調整の水を使用していないので、
   
   
な、な、なんと!!
   
59%!!!!!!
    
のアルコール度数があるんです ヽ(*゜O゜)ノ  ヒエー
            

さて、部屋も暖まってきたところで、
さっそく開けてみましょう。
    
   
う~~ん、やっぱり薬っぽい (゜▽゜;)
   
有機農法ワインなのに薬っぽい香りっていうのが
オモシロイですね。
    
シラー種100%ということですので
かなりしっかりとした強いイメージかと思っていましたが
飲んでみると、やはりその通り、
かな~~りしっかりと自己表現されています。

非常にストロングなワインですね~

でも、シラー種特有のちょっとトロッとしたような
液体感があまり見られません。
    
これはビオワインならではの特徴なのでしょうか。
     
   
では、食事と楽しむとしましょう ""ハ(*0*)
今日はトマトベースのパスタです。


   
若干あっさり目なので
ワインとのマリアージュが心配ではあります。
    

全ての記事

ホーム > 過去記事 > 2008年2月 の一覧

ブログ内検索
お気に入り・フィード購読
個別バナー
ページ一覧
QRコード
携帯でもSake Taro Blog
http://blog.todock.com/mt4i/saketaro/
HELPバナー
共通バナー
Google アドセンス

ページの上部へ