生活協同組合コープさっぽろで、安心生活はじめましょう。

ホーム > 【 ワイン 】 > | ちょっと豆知識 > | 企画編集 マーチンの記事 > | 編集部からのおしらせ > ボジョレー ヌーボー 本日解禁

ボジョレー ヌーボー 本日解禁

11月15日・・・こんにちはマーチンです。

今日は『ボジョレー ヌーヴォー』の解禁日。
皆さんも購入されたでしょうか。

近年は、出荷量が下火になってるとか・・・。
コープさっぽろSakeTaro編集部員としては悲しい限りです。

熟成されていることが基本となっているワインをわざわざ「新酒=ヌーヴォー」で飲もうとは思わない。。。そんな方が増えているのでしょうか。。。

でも、『ボジョレー ヌーヴォー』とは何か、
それをきちんと知れば、
飲んでみたいと思っていただけるかもしれません。

そこでこの機会に『ボジョレー ヌーヴォー』とは何か、を、
お伝えしたいと思います。

              
まず、『ボジョレー』とは、フランスブルゴーニュ地方の南部に位置するワイン生産地区で、
『ヌーヴォー』とは、新酒を意味します。

すなわち、ボジョレー地区でその年に収穫された【ガメイ】という赤ワイン用のぶどうを使って、その年に造られるワインのことです。

ん?ここで【ガメイ】という言葉が出てきましたね。ぶどう品種の名前ですが、ちょっと聞きなれないかもしれません。

【ガメイ】とは、まさに『ボジョレー ヌーヴォー』のための品種であるといえるのです。
タンニン分 が少なく、 適度の酸味があるため、ワインが渋みが少なく軽やかで、フレッシュでフルーティな味わいになります。

さてさて、話を戻しますが、
実は通常のボジョレーワインも存在することをご存知ですか?
熟成期間を経て翌年以降に出荷されているのですが、
本来『ヌーヴォー』とは、その年のボジョレーワインの出来具合を見るために飲まれていたワインだったのです。
現在では、醸造技術が進み1年間待たなくてもフレッシュな味わいを楽しめるワインとして、世界中で飲まれるようになりました。

この『ヌーヴォー』を飲むことが許される解禁日は、11月の第3木曜日と定められており、日本は日付変更線の関係上、本場フランスよりも早く飲むことができるのです。

世界中のワイン好きたちが一同に楽しむ『ボジョレー ヌーヴォー』。
そして、年に一度の楽しみ。

どうですか?
ちょっとは興味を持っていただけましたか???
          

ホーム > 【 ワイン 】 > | ちょっと豆知識 > | 企画編集 マーチンの記事 > | 編集部からのおしらせ > ボジョレー ヌーボー 本日解禁

ブログ内検索
お気に入り・フィード購読
個別バナー
ページ一覧
QRコード
携帯でもSake Taro Blog
http://blog.todock.com/mt4i/saketaro/
HELPバナー
共通バナー
Google アドセンス

ページの上部へ