生活協同組合コープさっぽろで、安心生活はじめましょう。

ホーム > 過去記事 > 2007年11月 の一覧

2007年11月 の一覧

こんにちは。商品企画のわっきーです。

今年ももう早いもので残すところあと一ヶ月ですね。
皆様は今年一年どのように過ごされましたでしょうか?

私は今年の四月よりサケタロウ編集部に配属になり、商品企画見習いとして有意義な一年間を過ごさせて頂きました!!
今年も残りあとわずかですが、価値のあるものにしたいと思います!

そんな私が、年の瀬という事もあり、奮発してとうとうあの商品を注文してしまいました。

その商品というのがこれ。【響 17年】です。

【 響 17年 】

こんにちは。商品企画のわっきーです。

本格的に寒くなってきましたが、皆さんは風邪をひいておられませんでしょうか?
年末はなにかと忙しいので、風邪は禁物ですね。

今日は、鹿児島県の大口酒造「黒伊佐錦」を楽しんでおります。
この焼酎は黒麹を使用したタイプの芋焼酎です。
この暖かみのある瓶の色合いを見て、心だけでも暖まっております。

大口酒造「黒伊佐錦」 
    

こんにちは。マーチンです。

さてさて、前回のエントリーの続きです。

自宅でできる、
簡単な“”のつけ方をご紹介です。

その2つ目

それは・・・
②電子レンジでお燗をする方法 です。

器は、湯煎と同じく、
徳利またはガラスの器をご用意ください。
(ガラスは耐熱性で!!)

それにお酒を入れて“チン”するだけです。

・・・って、それだけじゃご紹介するほどじゃないですよね。
             

こんにちは。マーチンです。

前回のエントリーで、
「熱燗は北海道では好まれない」というお話をしました。

ということで、自宅でできる、
簡単な“”のつけ方をご紹介したいと思います。

ご紹介するのは2つ、
まずは、
①湯煎にて、お燗をする方法
それでははじめに、徳利または耐熱性のガラスの器をご用意ください。
つづいて、手頃な鍋を用意します。
鍋に水を入れますが、徳利等の器を入れたとき、溢れないように、
また、徳利当の器に水が入りこまない程度にしてください。

ここで注意事項!
       

ここ数日、本当に身に沁みる寒さですね。
皆さん風邪にはご用心。こんにちはマーチンです。

さてさてSakeTaro編集部としては、
寒い時期になるとオススメしたくなるのが、

燗酒”です。

体を芯から温めてくれます。

昨年の11月から2月までの間、SakeTaroの紙面で燗酒のご紹介をしたのですが、なかなか反応がありません。

何でだろうといつも悩んでいます。


道外の酒蔵を取材にお邪魔したとき、
「このお酒は“燗”にすると旨いよ~」なんて話を杜氏さんからよく聞きます。
道外では、ちゃんと需要があるんですよね。。。

では、なぜゆえに北海道ではあまり“燗酒”が飲まれないのか。

それは意外なところにヒントがありました。
                

こんにちは。企画編集担当マーチンです。

最近は本当に寒いですね。
今日は年末並みの寒さだとか・・・。
すっかり冬になりました。

冬になると気が滅入ってしまうマーチンですが、
『クリスマス』このイベントは何歳になっても大好きです。

なんか特別な気がするんですよね。

昔は、プレゼントが貰えたり、おいしい料理が食べられることが楽しみだったのですが、
今は、いつもよりちょっと奮発して、プチリッチ気分を味わうことが楽しみになっています。
    

11月15日・・・こんにちはマーチンです。

今日は『ボジョレー ヌーヴォー』の解禁日。
皆さんも購入されたでしょうか。

近年は、出荷量が下火になってるとか・・・。
コープさっぽろSakeTaro編集部員としては悲しい限りです。

熟成されていることが基本となっているワインをわざわざ「新酒=ヌーヴォー」で飲もうとは思わない。。。そんな方が増えているのでしょうか。。。

でも、『ボジョレー ヌーヴォー』とは何か、
それをきちんと知れば、
飲んでみたいと思っていただけるかもしれません。

そこでこの機会に『ボジョレー ヌーヴォー』とは何か、を、
お伝えしたいと思います。

フナピーのお酒レポーティング。

今日は仕事から帰って来るのが遅くて、
いつも見ない時間にテレビをつけた。

おいらの家はケーブルテレビが見れるので
面白い番組を探してチャンネルを変えていくとどこかでみた顔が出てた。

「チャンドンゴン」

韓国の俳優さんが日本にも沢山紹介されているけど
おいらが韓流スターの顔を見てこの人は誰と言い切れるのは
あれだけ騒がれた「ヨンさま」と、
ジンロのCMに出ていた「チャンドンゴン」の2人だけ。

・・・お恥ずかしい・・・

まぁ、いつも見ない時間のテレビというのも意外と新鮮で楽しいもんですね。

彼の顔を見ていたら飲みたくなったのが、
今日のお酒
「ジンロ チャミスル」
                  

お久しぶりです。フナピーです。
商品企画担当ということで、仕事を兼ねてお酒のレポーティングしたいと思います。

暑かった残夏の面影もすっかり身を潜めて寒くなってきました。

生粋の道産子ながら寒さは苦手です。

せめて風邪を引く前に体調管理をしなければと思って、
今日のお酒。

「養命酒」
         

『いつもの食卓で徹底マリアージュ(^o^)v その3』つづきです。

パリから出発し
向かうは、コート・デュ・ローヌ地方。
時間的に6時間くらいはかかりそうな距離です。
この地方のワインの特色としては
「個性があって力強いコク」
とのことです。
どれどれ、さっそく飲んでみましょう。
う〜ん、たしかに
力強くてコクがある感じ。
でも、ボルドーのそれとはやはり異なりますね。
品種はなんでしょうか?

こんにちは、ワイン男児テツです。

サケタロー本誌との連動企画のマリアージュ第3弾でっす!

いつもの食卓で楽しむワイン企画も3回目となりました。
前回のカレーライスはなかなかの反響があったようですが
今回も物議を醸し出しそうな内容になりそうな予感。
始まり始まり〜〜""ハ(*0*)パチパチ♪

こんにちは、編集デザインのユッキーです。

気の早い話ですが、来年4月からのサケタローをどうやって作っていくか、サケタロー編集部では、もう打合せが始まっています。

この1年を振り返ってみると、やっぱりビールは大人気!なのですが、日本酒やワインもたくさん飲まれているんですよね。
その中でも特に人気は「限定」と「企画コーナー」のお酒。(当たり前ですが・・・)

今日は、11月号の「とっくりさん」がご紹介している「玉乃光」を飲んでみました。
(ちびキャラに気付いていますか??キャラが紹介しているお酒は、売れているのです!)

ちびキャラ 「とっくりさん」

こんばんは、編集デザインのユッキーです。

先日、北湯沢の温泉に友人たちと行ってきました!
温泉といえば、もちろん「飲み会」。
道中からビールを飲みたいばかりに、わざわざバスを予約して出発です。
プレモル片手のバス飲み会、実にいいですねぇ~。

その温泉飲み会に持参したのが、芋焼酎の原酒「渾身(ありったけ)」。
下手なものは持っていけないし、ちょっと変わったお酒を奮発しました!

芋焼酎 原酒 「渾身(ありったけ)」
   
これは、2007年モンドセレクション金賞受賞「舞ここち」や、2007年全国酒類コンクール芋焼酎部門第一位グランプリ受賞「魔界への誘い」を作っている光武酒造場のお酒です。
      

寒くなってきて、あったかい鍋物と一緒に日本酒をクイッとやるのがおいしい季節になってきましたね。

こんにちは、あだ名が「オヤヂ」の編集デザイン ユッキーです。

オールジャンルのお酒が飲める私ですが、唯一苦手としているのが「にごり酒」。
甘くて飲みやすいからと調子づき、どんどん飲んで、大変な目にあったことが・・・。
それ以来、「にごり酒」が苦手になってしまいました。

でも、にごり酒に再度チャレンジしてみよう!と思ったのが、人気の高い「微発泡性」の日本酒「はじけるにごり酒」。

「すず音」、「花泡香」といった微発泡性の日本酒が大好きなため、このお酒は期待度大です。

はじける にごり酒
   

こんにちは。三度マーチンです。
またまたラムのお話。
SakeTaro11号のソムリエ気分では、
ロン サカパ センテナリオラム 15年」で「バター・ド・ラム」をご紹介。

そこで写真を交えてその作り方をご紹介します。

まずは、角砂糖を耐熱性のコップに入れ、少量の熱湯で砂糖を溶かします。

まずは、砂糖を溶かし
(自宅に角砂糖がなかったので・・・)
   

こんにちは。マーチンです。
前回はラム酒がどんなお酒なのか淡々と語ってしましましたが、今回はその美味しい飲み方。
もちろん題材は「ロン サカパ センテナリオラム 15年」。

ヒントはこの写真

ロン サカパ センテナリオラム 15年

なんとなくおわかりですか?

クラッシュアイスで飲むのが最高なんです。(私の主観ですが・・・)

クラッシュアイスで

これも「ジャメイカ」で勧められました。
    

やっときました。このラム。
「ロン サカパ センテナリオラム 15年」

ロン サカパ センテナリオラム 15年

こんにちは。このラム酒を待ちに待ってたマーチンです。

ラムはスピリッツです。
みなさんスピリッツといったらどんなイメージがありますか?
ジンやウォッカなど、なかなか手を出しにくくないですか?
私はそうでした。
度数はキツイし、味もなにが美味しいのかよくわからない。
これが2年前までの私でした。

そんな私のスピリッツ特にラムへのイメージを変えてくれたのが、以前SakeTaroでも紹介したラム酒バー「ジャメイカ」でした。

そこで飲んだ「ロン サカパ センテナリオラム 15年」に感動です。
      

全ての記事

ホーム > 過去記事 > 2007年11月 の一覧

ブログ内検索
お気に入り・フィード購読
個別バナー
ページ一覧
QRコード
携帯でもSake Taro Blog
http://blog.todock.com/mt4i/saketaro/
HELPバナー
共通バナー
Google アドセンス

ページの上部へ