生活協同組合コープさっぽろで、安心生活はじめましょう。

ホーム > 【 清酒 】 > | 企画デザイン テツの記事 > 日本酒の意外な楽しみ方

日本酒の意外な楽しみ方

どうもです。
生まれ持ってのオタク気質のテツです。

一つのことにこだわりやすいです。
O型の特徴でもあるようですね。
あと、収集癖もあります。

先日、「玉乃光」を飲んだのですが
その時、栓を開けた時に気付いたことがあります。

「アッ! 酒蓋(さけぶた)だ!!」

酒好きな自分にとって意外なことにも
一升瓶を自ら開けたのは初めてのことでした。

そうなんです、
一升瓶には栓をするためにサケブタを用いるのです。

これを見て、小学生のころ集めまくった記憶が
フラッシュバックしてきました。
こんなの集めてどうするのか??
そう問われる方も多いと思います。
これは、こうやって遊ぶのです(写真参照)。

24

まず、蓋を両手で持って、
回転をかけて、コマのように回すんです。

それをもう一人の相手と同時に回し、
相手にサケブタにぶつけて
先に動きが止まった方が負け。

そして負けたらそのサケブタを取られてしまうという遊びでした。
コマやメンコと同じような遊び方ですね。

そんなシブイことを子供の頃やっていたことを思い出し、
色々な種類のサケブタを集めてたなぁ
と感慨深くなっていたところで、

・・・だんだん、まずい気持ちが。。。

ハイ、また収集癖が発動されました(笑)

コメント: 2

かず 2007年8月16日 10:06

こんにちは。酒蓋っていうのですね。
栓だと思っていました。一つ賢くなりました!

酒蓋を小さい頃集めていたってことは、
お父さんも日本酒好きだったのですか?
私は、瓶ビールの蓋を集めて、セロテープで
2つづつ合わせてた記憶があります。

テツ 2007年8月18日 01:12

>かずさん、コメントありがとうございます。

酒蓋(さけぶた)が正式な呼び名かどうかは、ハッキリでないのですが・・・
たしか子供の頃、みんなでそう呼んでいたので
いつのまにかそういうものだと思いこんでました。

先ほど、ネットで検索してみたところ、そう呼ばれることも多いようですね。
そしてコレクターの方もいらっしゃいました。
実は私は、ワインのコルクも集めているのですが、酒蓋の方がキラキラしていて集め甲斐がありそうです。

私の両親はまったくお酒を飲まないので子供の頃は、朝、学校に行く前に近所の酒屋さんに寄って、店のおじさんから、回収された便に残っている酒蓋をもらってから登校してました。

それにしても、朝から酒屋に寄って学校へ行く小学生っていったい・・・。

瓶ビールの王冠を貝のように重ねて私も遊びました。

うまく開けないと、てこの原理で開けるため蓋が曲がりやすく、なかなかきれいな王冠をゲットできなかった記憶があります。

テレビゲームも無かった時代です。
遊ぶ物もそれほど豊富では無かったです。

今思えば、なんとお金のかからない趣味だったのかと感慨深くなってしまいます。

コメントフォーム

誹謗中傷や悪意のある書き込み、営利目的などのコメントを防ぐために投稿された全てのコメントは一時的に保留されます。また、コメントの投稿について、詳しくは「ブログの使い方」ページをご覧ください。

Insert Emoddy tag

ホーム > 【 清酒 】 > | 企画デザイン テツの記事 > 日本酒の意外な楽しみ方

ブログ内検索
お気に入り・フィード購読
個別バナー
ページ一覧
QRコード
携帯でもSake Taro Blog
http://blog.todock.com/mt4i/saketaro/
HELPバナー
共通バナー
Google アドセンス

ページの上部へ