生活協同組合コープさっぽろで、安心生活はじめましょう。

ホーム > 【 清酒 】 > | 企画デザイン テツの記事 > 我が家に一升瓶がやって来た。

我が家に一升瓶がやって来た。

最近暑くなってきましたね。
超暑がりのテツです。

うちわが友達です。

さて、そんな暑い日が続くと
さすがの自分も赤ワインは控えざるをえません。。

というよりも、身体があまり受け付けないですね。

冷た〜いビールや焼酎ロックに逃げてしまう軟弱モノであります。

まぁそんな感じで、
お酒に関してはオールラウンドプレイヤーと言える私ですが、
意外と飲む機会が少ないといえばは清酒ですね。

醸造系(ワイン・日本酒)のお酒は栓を開けると劣化が進むのが早いので
ワインは大好きだからまだしも
清酒はちょっと躊躇しやすいですね。

居酒屋では飲みますが、
自宅ではせいぜい300ml程度の飲みきりサイズを飲むくらいでしょうか。

そんな私の元へ、
何と「玉乃光 純米吟醸超特撰」の一升瓶(!)が手渡されました。
これをレビューするのか。。

17

一升瓶といえば1,800ml。

普通のワインが
2本半分ですよ!

コレを空けるのは大変だ(全部呑むという企画ではないのですが・・)!

まぁ、味を確かめて、このブログでアップするだけなので
必ずしも全部呑む必要はないのですが、
ちょっとだけ呑んであとは捨てるなんて真似は到底できっこありません。

間違いなく、酒の神から罰がくだるでしょう。

そんなわけでどうしたものかと思案。

でも、そう言えば昔
開けてから1週間冷蔵庫に保存した飲み残しの清酒を
試しに飲んでみたら意外と大丈夫だったことがありました。

そのことを思い出し、
早速開けました。

今日のご飯は、「ホッケの開き」。

いやぁ合いますね〜〜♪
やっぱ、和の料理には和の酒!
これに尽きますね。

こんなデカいやつ(一升瓶)は我が家の冷蔵庫に入れておくスペースがないので
いまだに私、定義がよくわかっていない
「冷暗所」なる所に入れてみて保管してましたが
ウラのラベルを読むと
燗か冷やしてがベストとのこと。

常温じゃ、そのポテンシャルを楽しめないと言うことですか。

イヤ、十分おいしいですけどね。

せっかく開けたので
ちょっと他の小さい容器に移して
冷やしてみましょう。

そして、もう一つ試してみたいことが。

清酒のシャーベット!

清酒ぐらいのアルコール度数なら
通常の冷凍庫では凍ることはそんなにないです。

ただ、ビンを直接冷凍庫へは、割れる危険性もあるので
とりあえず、プラスチックのパックに入れて本日冷凍いたしました。

暑い夏にはピッタリの楽しみ方ですね。
できあがるのが楽しみです♪

ホーム > 【 清酒 】 > | 企画デザイン テツの記事 > 我が家に一升瓶がやって来た。

ブログ内検索
お気に入り・フィード購読
個別バナー
ページ一覧
QRコード
携帯でもSake Taro Blog
http://blog.todock.com/mt4i/saketaro/
HELPバナー
共通バナー
Google アドセンス

ページの上部へ