生活協同組合コープさっぽろで、安心生活はじめましょう。

ホーム > 【 ワイン 】 > | ちょっと豆知識 > | 企画デザイン テツの記事 > その答えは・・・

その答えは・・・

サルミエントス デ タラパカ メルロー
           
            

             
           
                                               
「船窓」です。
               
休みの日に船乗っちゃいました、ワイン持って。

船上で飲むワイン。実にいいじゃないですか。

遠くの漁り火や漆黒の夜空をぼんやり眺めながらグラスを傾ける。

なんだか映画のワンシーンのようですね。

また、このワインラベルが上品でこのシーンにマッチしてますね。


さて、気になるテイスティングですが、
                   

          
あ!
ワインオープナーは、実は常日頃から持ち歩いているんです。
サルミエントス デ タラパカ メルロー
                   
いつ何時ワインを飲むことになるかわからないですからね(笑

このワイン、若干冷やして飲むとよいそうで、少し冷やししてみました。

が、待ちきれず、

少し冷えたところで開けてしまいました。。スイマセン。

味の方はさすがにチリ産。しっかりとした骨太な感じです。

一般的なメルロー種に代表される「まろやかな」感じというよりは
力強い感じです。

これはカベルネ好きな方にもオススメできますね。

このしっかり感なら当日飲み残しても次の日位までは
しっかり冷蔵庫で栓をして保存すればまだいけそうな感じです。
            

                   

その後、結構いいペースで飲んでしまい、
身体がなんだかフラフラするなぁ。。
飲み過ぎたかなと思ったら
それは

  《 船の揺れ 》

によるものでした。

その揺れは下船までの数時間止むことなく
しかも、ますます揺れ続け
ワインの余韻をたっぷり残し続けてくれました(苦笑)
        
           
今回はすっかり、日本海の荒波にのまれました。
やはり船旅は太平洋側がおだやかでいいですね。
時期にはよるようですが。
            
             
お気に入りのお酒を持って出かけ
その出先で飲むというのはなかなかいいかもしれません。
特に赤ワインは常温でもしっかり楽しめます。

今回飲んだ「サルミエントス デ タラパカ メルロー」は
冷やしても常温でもどちらもいけました。

赤ワインって便利だなぁとしみじみ。
冷蔵庫がない環境でも
ビールと違ってぬるくても楽しむことができます。

ハーフサイズなんか持ち歩きにも適してそうですね。

スパークリングワインでは
専用のオシャレな持ち歩き用バッグを用意しているメーカーもあります。

その感覚でグラスと一緒にワインを持ち歩けるバッグがあるといいですね。
グラスとオープナーもセットで収められるような。

サケタローでつくってくれないかなぁ。
                          

ホーム > 【 ワイン 】 > | ちょっと豆知識 > | 企画デザイン テツの記事 > その答えは・・・

ブログ内検索
お気に入り・フィード購読
個別バナー
ページ一覧
QRコード
携帯でもSake Taro Blog
http://blog.todock.com/mt4i/saketaro/
HELPバナー
共通バナー
Google アドセンス

ページの上部へ