生活協同組合コープさっぽろで、安心生活はじめましょう。

ホーム > 過去記事 > 2007年5月 の一覧

2007年5月 の一覧

こんにちは。
SakeTaro編集長のチクリンです。

5年ほど前に初めて沖縄に行った時、

現地の人と食事をした時に・・・ 

私のイメージでは沖縄の人は
ゴーヤちゃんプルなどの独特な郷土料理と一緒に
泡盛はストレートもしくはロックで飲んでいると思い込んでいて、
「郷にいれば・・・」と思い
アルコール度数40%もある泡盛を
ロックで飲んでいましたが、
ふと現地の人の手元を見ると水割りで・・・
 
「騙された~」と思った瞬間すでにつらい状態に・・・

思い込みは良くないですね。

こんにちは。
SakeTaro編集長のチクリンです。

日中の最高気温も20℃を超えてきて
北海道の「初夏」を感じる季節になってきましたね。
(晴れた日には仕事をサボってどこかに行きたくなります)

昨年の札幌は雨の日が多く
損をしたような感じになりましたが、

5月下旬と6月上旬には
運動会が(札幌以外は日程が若干異なりますが・・)あるので、
この2週間の土曜・日曜日は晴れて欲しいものです。

こんにちは。企画編集マーチンです。

それでは、
「モンサラ カバ ブルット」(SakeTaro(サケタロー)6月号P7掲載)
注いでみましょう。

ビールの景品でもらったグラスを使います。
モンサラ カバ ブルット
モンサラ カバ ブルット
モンサラ カバ ブルット

こんにちは。商品企画のフナピーです。

「アハ トロ」のつづき。

輸入している業者さんに確認したところ
バーボン樽で熟成させているそうです。

また、タホというメキシコ国内にも3台しか残っていない
竜舌蘭をつぶす臼のようなものを使用しているとのこと。
(使ってる道具がすでにプレミアムなのか・・・)

そして原料にはアガベを100%使用しているとのこと。
(まじりっけなしはテキーラの生一本?)
アハ トロ
SakeTaro(サケタロー)6月号11掲載

こんばんは。商品企画のフナピーです。

最近のお気に入り「アハ トロ」をご紹介します。

牛!あっちいけ! と言う名のテキーラです。

アハとは牛を追うときの「あっちいけ」と言う意味の掛け声だそうで
トロとはスペイン語で牛のこと

このアハトロはテキーラの概念を思いっきり覆してくれます。

「牛!あっちいけ!」と言うくらいだからさぞかしきついやつ
なんだろうなと思いながらキャップをあけると・・・
アハ トロ
SakeTaro(サケタロー)6月号P11掲載

こんにちは。
企画編集のマーチンです。

SakeTaro6月号のソムリエ紹介で
掲載しているこの商品
モンサラ カバ ブルット
SakeTaro(サケタロー)6月号P7掲載「モンサラ カバ ブルット」

シャンパンではないんだが、シャンパンなんです。
・・・説明が難しい。
この説明は、紙面に載っている、
ソムリエさんからの紹介文にまかせるとして、

「いつものワイン」としてのご紹介。

ではでは、いつもの感じで飲んでみましょう。

と、いうことで、
スープカレーで一杯やります。

夏に向けてダイエットしなきゃ。
クエルボエスペシャル
SakeTaro(サケタロー)6月号P10掲載「クエルボエスペシャル」

食べてばかりじゃなくて、簡単にテキーラの説明を・・・
テキーラには大きく分けて
シルバー⇒蒸留して樽で熟成させないでそのまま出荷されるもの
ゴールド⇒蒸留した後に樽で熟成されるもの
があります。

さらに

こんにちは。
SakeTaro商品企画担当のフナピーです。

突然ですが、テキーラの魅力にはまってしまいました・・・

皆さんはテキーラというとどんなイメージをお持ちですか?

きつい?辛い?強い?という感じですか?

私もテキーラを飲むまではそういうイメージしかありませんでした(恥ずかしい・・・)

初めて飲んだテキーラは
アサヒビールが販売しているクエルボエスペシャル。
(クエルボとはスペイン語で「カラス」のこと)
クエルボエスペシャル SakeTaro6月号P10掲載

こんにちは。

SakeTaro企画編集担当のマーチンです。

昨日のつづき、ということで、

飲んでみよう・・・
Photo_46
               
う~ん、
モルツは、スッキリとしていて後味よし。
プレモルは、とにかくコクがある。そして苦味を感じさせますね。

この違い、「食」に合わせたらさらに違いが見えてきそうです。

こんにちは。
SakeTaro企画編集担当のマーチンです。

モルツが新しくなりました。
モルツ 
CM:「うーーっ モルツ モルツ モルツ モルツ」
懐かしいメロディーです。

サントリーといえば、「プレミアムモルツ」があります。
プレミアムモルツ
これはSakeTaro(サケタロー)5月号P4にド~んと掲載

ここで興味がわくのが、
この2つのビールの違い。

「見た目」と「味わい」に絞って
贅沢に実験してみましょう。。。

こんにちは!
日々お酒について学習中のタカムーです。

みなさん「ビオディナミ」という言葉はご存知ですか?

私ははじめ、言葉だけ聞いて
「びおでぃなみってなんだろう?」とちんぷんかんぷんでした。
ビオディナミはぶどうの育て方、つまり農法の名前なんだそうです。

ビオディナミ農法は、ぶどう畑を取り巻いている環境、生態系、
そして天体の動きに注目。それらに基づいてぶどうを栽培します。
化学薬品などは使わずに、土壌やぶどうの樹そのものの持つ
生命力を引き出しながら育てる農法です。
肥料も自然界にあるものを調合して作るんです。
ドメーヌ・カズ カノン デュ マレシャル
ワタシの過去のブログを読んでいただいた方なら
お気づきかもしれませんが・・・

こんにちは。
SakeTaro編集長のチクリンです。

北海道もやっと行楽の時期。
我が家では大体この頃から毎週日曜日の夕食は、
直ぐ近くにいる両親の庭先で焼肉をするのが恒例になっています。

当然のごとく焼物担当は私一人で
7人分の調理をする羽目に・・・ 

焼いている時はまったく食べる事は出来ずに食材と炭の熱風と戦って・・・ 
唯一飲み物だけは取らないと・・・ と、
思って飲んでいるのが「サッポロ黒ラベル」
Photo_33
SakeTaro(サケタロー)5月号P4掲載

こんにちは、
編集デザインのユッキーです。

みなさんは、
よそのおうちに遊びにいく時は、
何をお土産に持っていきますか?

私は前までスイーツをお土産に持っていくことが多かったのですが、
一度他のゲストとお土産が重複して気まずくなってしまった時から、
お土産にはお酒を持っていくようになりました。

今回ご紹介するのは、
お土産にもぴったりの赤ワイン「ラッケ ロジェール・シラー」です。
SakeTaro(サケタロー)5月号P7「お母さんと飲みたいお酒」に掲載
ラッケ ロジェール・シラー

こんにちは。
SakeTaro編集長のチクリンです。

北海道もやっと行楽の時期。
我が家では大体この頃から毎週日曜日の夕食は、
直ぐ近くにいる両親の庭先で焼肉をするのが恒例になっています。

当然のごとく焼物担当は私一人で
7人分の調理をする羽目に・・・ 

焼いている時はまったく食べる事は出来ずに食材と炭の熱風と戦って・・・ 
唯一飲み物だけは取らないと・・・ と、
思って飲んでいるのが「サッポロ黒ラベル」

全ての記事

ホーム > 過去記事 > 2007年5月 の一覧

ブログ内検索
お気に入り・フィード購読
個別バナー
ページ一覧
QRコード
携帯でもSake Taro Blog
http://blog.todock.com/mt4i/saketaro/
HELPバナー
共通バナー
Google アドセンス

ページの上部へ