生活協同組合コープさっぽろで、安心生活はじめましょう。

ホーム > 産地訪問 > 妹背牛ななつぼし日記(6月下旬⑦)

妹背牛ななつぼし日記(6月下旬⑦)

  • 投稿日時: シャリ丸
  • 2008年7月12日 06:41
  • 産地訪問

前回のつづきです。

シャリ丸
「では、この後、気をつけたい点は何でしょうか?」

佐藤さん
「幼穂形成期に入るので、今の中干し状態から深水
管理に変えてしっかり稲を守ることですね。」

佐藤さん
「あとは、妹背牛は農薬節減に力を入れているので
気象による影響を受けやすく、稲の病気の心配も
あります。」

2_2

佐藤さん
「今のような青い稲の時期は人間で言えば青年期です。
人間も若いと病気になりづらいのですが、稔ってきて体が
大きくなってくる、いわゆる大人になると色々病気になり
やすくなるんですね。」

シャリ丸
「なるほど」

3_3

佐藤さん
「そのいう中、農薬、いわゆる病気に効く薬を可能な限り
減らして栽培するということは非常に神経をつかうことなん
です。」

シャリ丸
「これからが、本当に気を遣う時期になるということですね。」

次回「妹背牛ななつぼし日記(6月下旬⑧)」につづく。

ホーム > 産地訪問 > 妹背牛ななつぼし日記(6月下旬⑦)

ブログ内検索
お気に入り・フィード購読
個別バナー
ページ一覧
QRコード
携帯でも米一筋 食品部銀シャリ屋
http://blog.todock.com/mt4i/okome/
HELPバナー
共通バナー
Google アドセンス

ページの上部へ