生活協同組合コープさっぽろで、安心生活はじめましょう。

ホーム > 産地訪問 > 妹背牛ななつぼし日記(6月下旬⑤)

妹背牛ななつぼし日記(6月下旬⑤)

  • 投稿日時: シャリ丸
  • 2008年7月10日 06:10
  • 産地訪問

前回のつづきです。

シャリ丸
「道内市場やコープさっぽろにおいても、ななつぼし の
需要が大幅に増加しています。このままでは20年産米
でNo.1品種の ほしのゆめ を追い抜く勢いです。」

シャリ丸
「ななつぼし が、ここまで支持される理由は、何だと思わ
れますか?」

長谷さん
「ななつぼし はデビュー当初から間違いなく売れる品種
になると思ってましたよ。」

2_3

長谷さん
「きらら397 は甘みがあるけど食感が硬い
ほしのゆめ は粘りがあるけど味気が無い。」

長谷さん
「ななつぼし は粘りもあって甘みもあるので、
ほしのゆめ と きらら397の良いところ兼ね備えた
品種だと思います。」

長谷さん
「我々農家も収穫後に当然試食をするけど、
ななつぼし は きらら397 のデビューを上回る衝撃
でしたね。」

シャリ丸
「私も同感です。生産の方は、どうですか?」

長谷さん
「難しい面もありますが、ほしのゆめ より収量が良い
ので、やりがいもあります。妹背牛に適した品種と
言えると思います。」

2_4

シャリ丸
「消費者だけでなく生産者にとっても良い品種という
のは、ロングセラーになる要素が大きいですね。」

長谷さん
「あんぜん あんしん おいしさ を追求した生産をして
いくので、コープさっぽろの組合員様は今後も益々
妹背牛産ななつぼし を食していただきたいですね。」

シャリ丸
「そうですね。
長谷さん本日はありがとうございました。」

次回「妹背牛ななつぼし日記(6月下旬⑥)」につづく

ホーム > 産地訪問 > 妹背牛ななつぼし日記(6月下旬⑤)

ブログ内検索
お気に入り・フィード購読
個別バナー
ページ一覧
QRコード
携帯でも米一筋 食品部銀シャリ屋
http://blog.todock.com/mt4i/okome/
HELPバナー
共通バナー
Google アドセンス

ページの上部へ