生活協同組合コープさっぽろで、安心生活はじめましょう。

ホーム > 産地訪問 > 妹背牛ななつぼし日記(田植え⑤)

妹背牛ななつぼし日記(田植え⑤)

  • 投稿日時: シャリ丸
  • 2008年6月 5日 07:10
  • 産地訪問

こんにちは。シャリ丸です。

佐藤さんにつづいて、
今回からは長谷さんのインタビューです。

Photo_9 シャリ丸
「長谷さん、宜しくお願いします。
早速ですが、田植えの前作業である播種・育苗、
田おこし・しろかき の今年の状況は、例年と比較して、
いかがでしたか?」

長谷さん
「播種は例年通り行いました。4月は気温も高く、日照時間
も多かったですが、作物のことを考えると、人間が一時の
天候に左右されてはいけないんです。」

Photo
帽子をかぶり、田植え機に立たれている方が、長谷さん
です。
インタビュー当日は長谷さんのアップ写真を取り忘れて
しまったため、申し訳ありませんが、後日実施された
「コープさっぽろ もせうし お米探検隊(田植えツアー)」
に協力頂いた際の写真を使用しております。
御了承ください。

長谷さん
「育苗には少し苦労しました。
4月は日照時間が多く、気温が高かったため、
苗丈が長くなりすぎないように、ハウスの温度
調節(ビニールを開閉)を都度行いました。」

2_2

Photo_9 シャリ丸
「雪解けが早かったと思いますが、田おこしも
例年並みでしたか?」

長谷さん
「はい。これも急ぎすぎると折角の肥料の効果
が無くなってしまうので、田植え時期に合わせ
例年の暦通りに行いました。」

長谷さん
「 しろかき は、田んぼにとって重要な水を隅々
まで均一に張るように土を平らにする非常に
難しく大切な作業です。」

長谷さん
「最近は、レーザー均平機というのを使用し、
土のレベルが平らになっているかチェックする
んですよ。」

Photo_9 シャリ丸
「へー。」

ホーム > 産地訪問 > 妹背牛ななつぼし日記(田植え⑤)

ブログ内検索
お気に入り・フィード購読
個別バナー
ページ一覧
QRコード
携帯でも米一筋 食品部銀シャリ屋
http://blog.todock.com/mt4i/okome/
HELPバナー
共通バナー
Google アドセンス

ページの上部へ