生活協同組合コープさっぽろで、安心生活はじめましょう。

ホーム > お米 秘密の話 > | 新米情報 > 大将!新米の話しましょう。③

大将!新米の話しましょう。③

新米の話は、遂に(ようやく)佳境に。
では、つづきをどうぞ。

Photo_20 大将シャリ男
「北海道米だけでも、これだけ品種が増えてくると、お客さん
どんな米がどんなメニューに合うかを知りたがっているんじゃ
ないか?
俺は美味い酒(日本酒)に合う米を教えて欲しいーの。」

Photo_18Photo_21 シャリ丸&シャリ吉
「うっ。キモイ。しかも、ただ酒飲みたいだけじゃ...。」

Photo_18シャリ丸
「寿司であれば、ななつぼし が合いますね。一定の粘りが
あって、しかも粒感もありシャリ離れが良い。寿司職人の間
で、評判いいみたいっすよ。」
5kg_5 
Photo_18シャリ丸
「丼ものなんかには、以前から言われているように、きらら
ですよね。きらら397 は粒がしっかりしているので、タレが
米粒と米粒の間を通りやすいんですよ。
だから、タレ通りが良く、食感がしっかりしている きらら397
は丼ぶり屋で依然として支持が多いんっすよ。」
5kg_6
Photo_20Photo_21大将シャリ男&シャリ吉
「うーん。なるほど。他には?」

Photo_21シャリ吉
「ほしのゆめ はスープカレー屋で好まれてますねー。
食感がやわらかく、粘りが強いので、ごはんをスープに浸し
ても型崩れしにくいんですよ。」
5kg_7
Photo_20大将シャリ男
「うーん。勉強になるな。メモっておこう!」

話は、まだまだ尽きないので、つづきは次回に。
乞うご期待!

ホーム > お米 秘密の話 > | 新米情報 > 大将!新米の話しましょう。③

ブログ内検索
お気に入り・フィード購読
個別バナー
ページ一覧
QRコード
携帯でも米一筋 食品部銀シャリ屋
http://blog.todock.com/mt4i/okome/
HELPバナー
共通バナー
Google アドセンス

ページの上部へ