生活協同組合コープさっぽろで、安心生活はじめましょう。

ホーム > ひとりごと > | ミミヨリ情報! > くまのいい湯だな日記PartⅡ⑦

くまのいい湯だな日記PartⅡ⑦

Dscf2085 たまに泉質のい~い温泉に入りたくなって
 
やってきました。
お医者様でも草津の湯でも、の、草津温泉に匹敵するという温泉です。
 
 
 
 
《川湯温泉》

 
Photo_6 名湯、秘湯の多い道東地方にあって、









Dscf2054 いろんな雑誌などで紹介されているこのホテルにきました。
 
泊まるとちょっと高いけど、日帰り入浴は600円と、良心的です。
 
 
 
 
Dscf2052 TONO?
 
いたるところにふくろうさんがいます。
 
汲泉もできるらしいし、
 
 
 
 
Dscf2053 ご自由にどうぞの「足湯」
 
 
 
 
 
 
 
 
Dscf2115 ふくろうって、
 
 
 
 
 
 
 
 
Dscf2113 後ろからみたらTOTOROに似てますよね。TONOの後ろ姿もこんな感じかなあ。
(つのはありません。) 
 
 
 
 
 
 
Dscf2069 みやげもの屋さんにもふくろうさんがいっぱい。阿寒周辺では一刀彫で「くさり彫り」が流行っているらしいです。二対のふくろうが鎖でつながっているみたいでしょ。 
 
 
 
 
 
Dscf2104 トイレにもふくろうさん。トイレはTOTOだったかな。
 
 
 
 
 
 
 
 
Dscf2055 内風呂です。
 
 
 
 
 
 
 
 
Dscf2056 団体さん到着前で誰もいません。
こんこんと湧き出るこのお湯は、 
 
 
 
 
 
 
 
Dscf2064 2m~30mというきわめて浅いところから、
 
 
 
 
 
 
 
 
Dscf2096 直接入れている、まさに源泉100%。薬としても使われていたそうです。
 
 
 
 
 
 
 
Dscf2059 森林浴しながら入れる露天風呂は、
 
 
 
 
 
 
 
 
Dscf2061 木の浴槽です。お湯とは別のぬくもりを感じます。
 
 
 
 
 
 
 
 
Dscf2067 森の木から注がれるマイナスイオンと、若干の硫黄臭につつまれ、いかにも身体によさげです。
 
 
 
 
 
 
 
Dscf2090 木彫りのふくろうさんに灯がともって、
 
 
 
 
 
 
 
 
Dscf2122 近くの神社でお祭りをやっています。もう秋祭りのシーズンですね。
 
 
 
 
 
 
 
Dscf2097 ホテルでも焼き鳥屋さんを出すらしい。「名物」ってからにはおいしいんだろうなあ・・。
 
 
 
 
 
 
 
Dscf2098 北海道弁で「とてもおおきいべあ」って書いてる。
 
 
 
 
 
 
 
 
Dscf2116 とても腰の低い焼き鳥屋さんで、「焼き上がりましたらお持ちしますので、ロビーでおかけになってお待ち下さい」と言われました。さすがホテルマン。 
 
 
 
 
 
Dscf2117 冷めないようにアルミホイルにつつんでトレーに乗せて持ってきてくださいました。恐縮します。いただきます。
 
 
 
 
 
 
 
Dscf2119 でか!そして、うまい!
 
焼き加減も塩加減も絶妙!ほんとにおいしかったです。
 
 
 
 
 
 
Dscf2073 明治時代から脈々と受け継がれてきた温泉の恵。阿寒や摩周や弟子屈という温泉観光地に囲まれつつ、なおもこの小さな温泉の里に訪れる人が絶えないのは福々しいぬくもりを感じるからなのでしよう。 
 
 
 
 
今日もいいお湯でした!

ホーム > ひとりごと > | ミミヨリ情報! > くまのいい湯だな日記PartⅡ⑦

ブログ内検索
お気に入り・フィード購読
個別バナー
ページ一覧
QRコード
携帯でもおいしいブログ
http://blog.todock.com/mt4i/oisi/
新着写真
  • IMG_1964.JPG
  • IMG_0668.JPG
  • IMG_0199.JPG
  • IMG_6523.JPG
  • IMG_6515.JPG
  • IMG_8844.JPG
HELPバナー
共通バナー
Google アドセンス

ページの上部へ