生活協同組合コープさっぽろで、安心生活はじめましょう。

ホーム > ひとりごと > クマさんダイアリー         秋風クマくん

クマさんダイアリー         秋風クマくん

  • 投稿日時: クマさん運営部クマくん
  • 2007年9月 3日 23:21
  • ひとりごと

クマになりきって

あ、いや、元々クマだけど、

クマの気持ちで、ブログを書いていると

すこ~しブルーになってくるクマなんだなあ。

Dscf1442_2   

あ、鹿さん。

お~い、お~い。

 
 
 
 
 

 
 
写真はくりっくすると大きくなります。

 
あ、鶴さん、

Dscf1439_2 おーい

おーい。
 
 
 
 
 

 
 

どうしてこっち来ないの。・・・人間に見えるの?Dscf1472_2

あ、そっか。クマでも寄ってこないよね。

 

・・・どう見てもクマだ。

 

たまに見かけるおねだりキツネ。

Photo_24 人間からエサを与えられて、自分でエサを獲ることを忘れた動物には自然界の厳しい掟(おきて)が待っているといいます。間もなく厳しい冬です。
  
  

Dscf1512 道路わきの
生え揃った柔らかい草を食べに来た鹿さん。

このあと、悲惨な現場を見てしまいました。足から血を流してうずくまっている鹿さん。
 

Dscf1490 人間のおまわりさんが「大丈夫か」と声をかけていました。

・・・人間から励まされて喜ぶ鹿はいないでしょうけど、そのおまわりさんは優しいんですね。このあとその鹿はどうなったんだと思います?

①山のすみかまで運ばれた。

②動物園に運んで手当てしてもらった。

③おまわりさんが連れて帰って幸せに暮らした。

たぶん③でしょう。そう思うことにしましょう。

 

川を上ろうとする鮭さん。おびただしい数です。
Dscf1495_2

ごくっ。
 
 
 
 
 
 
 
 

 

でも鮭さん達はここから先に進むことはできません。

Dscf1507_3

川を上る手前の鮭がいちばんおいしいんですよね・・・。

幾匹も何度も

ジャンプを試みますが、高い柵の前になすすべありません。

生まれ故郷の上流を見ることなく果てるのです。

  

 

このあたりに住む熊もたぶん食べることはできないでしょう。
川で鮭を獲れません。

時に人間は残酷です。

但し、生きる糧でありますし、逆に人間がいないと生きていけない動物もたくさんいます。

Dscf1482 遠い以前に、北海道に住んでいた人達は今よりもう少し自然に礼儀正しかったと思います。自然の恵みに感謝しながら生きていました。

食べ残しはいけませんね。

コープの職員は、売れ残らないように(食料品を捨てたりしないように)しましょうね。

クマくんは

鮭さんを食べるときには心で手を合わせて
おいしくいただくクマすることにしました。

http://www.deli-boo.jp/2007/09/post_468d.html
(くりっくしてね)

気を取り直して、明日はサンマ食べよっと。
  
 

コメント: 0

コメントフォーム

誹謗中傷や悪意のある書き込み、営利目的などのコメントを防ぐために投稿された全てのコメントは一時的に保留されます。また、コメントの投稿について、詳しくは「ブログの使い方」ページをご覧ください。

Insert Emoddy tag

ホーム > ひとりごと > クマさんダイアリー         秋風クマくん

ブログ内検索
お気に入り・フィード購読
個別バナー
ページ一覧
QRコード
携帯でもおいしいブログ
http://blog.todock.com/mt4i/oisi/
新着写真
  • IMG_8143.JPG
  • IMG_8141.JPG
  • IMG_8138.JPG
  • DSCN0225.JPG
  • DSCN0236.JPG
  • jn05#025.jpg
HELPバナー
共通バナー
Google アドセンス

ページの上部へ