生活協同組合コープさっぽろで、安心生活はじめましょう。

ホーム > 北見 > | 産地・工場見学 > 北見 ピースたまごの杉村農園 

北見 ピースたまごの杉村農園 

はじめまして、 7月から活動に参加させていただいている北見エリアのミイですhappy01

どうぞよろしくよろしくお願いしますnote

 

8月31日網走市卯原内にある杉村農園に行き かわいいひよこ会ってきましたheart04

130831-kita-ko-04.jpg.JPG

130831-kita-ko-01.jpg.JPG

 さて農園に着いて5日目の このひよこは 

オスでしょうか?メスでしょうか?





 

 



 


まずは、鶏舎に入る為石灰を踏んで靴の裏を消毒sign01

130831-kita-ko-02.jpg.JPG


杉村さんは薬剤を使わず初生ビナから 育成しています。

品種は国産種のゴトウもみじ ひと目で分かるように品種改良されていて オスは無地でクリーム色 メスはうり坊のように茶色とクリーム色の縞模様です。


ひよこの写真は体は見えませんが、頭が茶色なのでメスです。


130831-kita-ko-11.jpg.JPG

代表の杉村さんです。向かって右が雌、左が雄です。

 

 

     雄鶏です。                              

130831-kita-ko-06.jpg.JPG

                                   雌鶏です。
130831-kita-ko-07.jpg.JPG
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
6ヶ月経つとたまごを産むようになります。大きな養鶏場では雄鶏はいませんが、ここでは平飼の有精卵メス20羽にオス1羽の割合で飼っています。

130831-kita-ko-09.jpg.JPG

平飼と言ってもたまごを産むときは安全な高いところにある箱の中で産みます。

130831-kita-ko-13.jpg.JPG

「自然卵養鶏」で自然の恵みと厳しさを与え 自家配合のできるだけ安全なえさで育った鶏が産んだたまごは、ほんのりとした黄色で、ご飯に掛けていただきましたが味はくせがなくとても美味しかったです。

130831-kita-ko-10.jpg.JPG

手作りの鶏舎の前で、記念撮影

質問をするととても熱心に答えていただき、特にえさについてはオホーツク産に強いこだわりがsign03
ピースたまごに対する愛情と自信をすごく感じましたheart04

現在は1日200個のたまごの生産が 来月からは400個に倍増するそうです。
お忙しい中、見学ありがとうございました。


コメント: 0

コメントフォーム

誹謗中傷や悪意のある書き込み、営利目的などのコメントを防ぐために投稿された全てのコメントは一時的に保留されます。また、コメントの投稿について、詳しくは「ブログの使い方」ページをご覧ください。

Insert Emoddy tag

トラックバック: 0

この記事のトラックバックURL
http://blog.todock.com/mt/mt-tb.cgi/36388
この記事へのトラックバック一覧
北見 ピースたまごの杉村農園  from みんなのぶろぐ

ホーム > 北見 > | 産地・工場見学 > 北見 ピースたまごの杉村農園 

ブログ内検索
お気に入り・フィード購読
個別バナー
ページ一覧
プロフィール
QRコード
携帯でもみんなのぶろぐ
http://blog.todock.com/mt4i/minalog/
HELPバナー
共通バナー
Google アドセンス

ページの上部へ