生活協同組合コープさっぽろで、安心生活はじめましょう。

ホーム > 産地・工場見学 > | 釧路 > 釧路  産地を訪ねて

釧路  産地を訪ねて

 

120924-kusi-eg-01.jpg.JPG

釧路市内から産地に出かけることは

ちょっとした旅行に近いです。

9月24日、網走方面。

全て見尽くした精一杯の笑顔です

どうも ろろろですcoldsweats01

いつもワクワクの産地見学ですが、

今回は違いましたsweat02

最初にちょっとした旅行と書きましたが

冒険・・サバイバル・・命を知る旅でした。

衝撃的な画像もあります。

安心で安全だからこそ見て下さい。

しばし お付き合いを・・私と共に。

 

120924-kusi-eg-04.jpg.JPG

始めに網走にあります、日本ホワイトファーム株式会社 知床食品工場さんを見学しました。

国際規格 SQF1000日本で初めて認証取得の農場で育成された鶏を

SQF2000取得の食品工場にて生鳥から部位のカット、出荷しています。

SQFとは、安全で高品質な食品を意味します。

美味しさと安全は農場から とうたっているように

ヒナの誕生から生育、商品になるまで徹底した管理のもとに行われています。

日本ハムグループのNICOTというトレーサビリティーシステムにより

生産履歴を確認できます。大変スゴイシステムです。

120924-kusi-eg-03.jpg.JPG

工場内は、頭上を鶏が機械で各部位へ運ばれています。

モモ肉の場所では機械によって骨と身がうまく分けられ、

ベルトに流され各担当の従業員さんの元に。

最後はやはり人の手と目により、キレイに切り分けられます。

120924-kusi-eg-02.jpg.JPG

かなりの速さで鶏が回っていました。

切り取られて袋詰めされる前も後も金属探知機とⅩ線検査をし

冷凍、箱詰めされてトラックに運ばれていました。

手羽元のバラ冷凍の作業を見ました。

120924-kusi-eg-05.jpg.JPG

これもまた手作業で並べていました。

オールイン オールアウトシステム

(ヒナを1棟に全部入れて若鶏になったところを全部いっぺんに出荷するシステム)によって

同じ大きさの鶏を商品にすることができ、また農場の消毒も一環してできることが大きな取り組みとしてあげられます。

農場、工場、物流がしっかり整っていることも知りました。

120924-kusi-eg-06.jpg.JPG

オホーツク海、釣竿が波内際にたくさん見えました。

日本ホワイトファームさんが山の上なら

日本フードパッカーさんは海のそば。

次は 豚さん牛さんの出番です。

大変貴重な生産工程の映像を先に見させていただき、

衝撃を受けてからSQF2000認証取得の工場に向かいました。

120924-kusi-eg-07.jpg.JPG

鶏よりはるかに大きい豚さんの塊は

機械で運ばれ、人の手により脂身を切り落とされていました。(私のも・・と思わずお願いしたいほどでした)

120924-kusi-eg-08.jpg.JPG

大変キレイに何より早い!生産部位ごとに流れてくるラインに合わせて

テンポよく切られていました。フードパッカーさん独自の全部の部位がカットできるマイスターの上級さんが一人、一級さんが一人いらっしゃるそうです。

どの方も神的に私は感じました。

豚さんも牛さんも扱っていますが、工場はもちろん原料と製造の従業員さんがまじわることがないのでポークとビーフのコンタミがないのもSQF2000を認証取得し続けている特色のひとつなんだと思います。

120924-kusi-eg-09.jpg.JPG

と畜と解体そして検査を経て冷却された豚の枝肉です。

「カタ」「ロース・バラ」「モモ」に分けられるために機械で流れてきました。

圧巻です。

120924-kusi-eg-11.jpg.JPG

工場変わってこちらは牛さん。これもまた豚より大きい肉の塊。

除骨と整形に時間を要します。

120924-kusi-eg-10.jpg.JPG

牛のラインに入ってからは、直視できず

カメラは立澤さんにお願いしました

大きさと血の色とにおいにすっかりやられてしまいましたごめんなさい。

120924-kusi-eg-12.jpg.JPG

牛のミンチが筒状に真空されている様子です。

120924-kusi-eg-13.jpg.JPG

本当に牛は大きいです。

この大きさから内臓、骨、そして加工部位への切断です。

牛も豚も鶏も育てる人がいて

原料にする人がいる。

加工し輸送を経て店頭に並び、それを購入する私達消費者、

購入だけでなく調理してしっかり食すること。

食べてあげなくちゃいけない。たくさんの命と人がかかわっているのですから。

安心で安全なことを守り続けるみなさんと生き物達に本当に感謝します。

私は目をつむってしまいましたが

常に向き合って自らの手で加工してくれる従業員さん、

両工場で忙しい中 私達に「こんにちわ」とお声をかけていただき

本当にありがとうございました。

この見学をしっかり伝えていきます。

黄金そだちシリーズもっと応援ですdash

 

 

コメント: 4

バニラニバ 2012年9月25日 08:33

ろろろさん、アップありがと、お疲れ様でした。ほんとに命の大切さ…再認識です、頭の中には「矛盾」の文字がずしんとありましたが生命を頂いてる事を実感でしたね。家に帰っていつもより長~~くバ〇ラのことぎゅ~~ってしちゃいました…icon:sweatさあicon:heart_shake前向きにまた頑張りましょicon:body_bicepsicon:ecstoramation

ろろろ 2012年9月25日 18:06

バニラニバさん、コメントありがとうございます。
写真反転がアップになったりして、かなりドキドキでなかなか寝付けませんでしたicon:sweat貴重な一日でした。

しずかちゃん 2012年9月25日 20:03

体調の優れない中、取材を続けてくださって感謝します。これからは、現場で作業してくださっている方々にも感謝して、お肉をいただきます。

ろろろ 2012年9月27日 17:44

しずかちゃんさん、コメントありがとうございます。店頭に並んでいるだけではわからない道のりを知り、沢山考えさせられました。いただけることに感謝します。

コメントフォーム

誹謗中傷や悪意のある書き込み、営利目的などのコメントを防ぐために投稿された全てのコメントは一時的に保留されます。また、コメントの投稿について、詳しくは「ブログの使い方」ページをご覧ください。

Insert Emoddy tag

トラックバック: 0

この記事のトラックバックURL
http://blog.todock.com/mt/mt-tb.cgi/35436
この記事へのトラックバック一覧
釧路  産地を訪ねて from みんなのぶろぐ

ホーム > 産地・工場見学 > | 釧路 > 釧路  産地を訪ねて

ブログ内検索
お気に入り・フィード購読
個別バナー
ページ一覧
プロフィール
QRコード
携帯でもみんなのぶろぐ
http://blog.todock.com/mt4i/minalog/
HELPバナー
共通バナー
Google アドセンス

ページの上部へ