生活協同組合コープさっぽろで、安心生活はじめましょう。

ホーム > 環境・くらし・平和 > | 釧路 > 東日本大震災の瓦礫受け入れと原発・放射能のTV学習会を終えて

東日本大震災の瓦礫受け入れと原発・放射能のTV学習会を終えて

今日のTV学習会の講師の先生のお話の中に「第五福竜丸」の話が少し出ました。

私は、ヒロシマもナガサキも、そしてもちろん福島原発も訪れたことがありませんが・・・

この第五福竜丸は18年ほど前に偶然見る機会がありました。

東京の夢の島公園の中に熱帯植物園があって、そのすぐ近くの建物に第五福竜丸が展示されていました。

館内はなんとなく立ち寄りがたい雰囲気で・・・一人だったのでパンフレットをいただいて足早にかえってきたのをおぼえています。

あとで、昭和29年にアメリカのビキニ環礁で水爆実験の死の灰をあびた焼津の遠洋のマグロ船だったことがわかりました。

みなさん こんにちは 釧路のよしだです。

この残暑はいつまで続くのでしょうか?

今年は節電のため除湿機の使用をひかえていますが・・・自動製氷機はフル回転しています。

 

今日8月23日(木)10:30より、釧路地区本部で『東日本大震災の瓦礫受け入れと原発・放射能(講師 高畑滋 氏)』のTV学習会がありました。

職員・委員のほか、一般組合員(子育てスタッフさん)2名参加して下さいました。

全道でみなさん講師の方のお話に耳を傾けていたと思いますが・・・

私よしだは学生時代は化学や物理は苦手でした(当時、水兵リーベ・・・もやっと覚えました)。

春から組合員活動部のお手伝いをさせていただいておりますが、それまでは手のかかりすぎる長男のことでいっぱいな毎日でした。

震災後、新聞をみても『原発』や『放射能』より『支援』とか『サポートブック』に関心がありました。

でも、そんな子ども達も将来平和に暮らしていけるようにもっと社会に目を向けていかなければと思いました。

お恥ずかしいのですが、少しずつ学んでいきたいと思います。

 

今回の学習会の『瓦礫』と言うことばを聞いて思い出したことがありました。

それは・・・横浜の山下公園。

たしか、大正12年の関東大震災のがれきで埋め立ててできた公園のはず(ちがってたらすみません)。

でも、東日本大震災のがれきは事情がちがいますよね。

20年ほど前に福島県で国体があった時にキャッチフレーズが「うつくしまふくしま」でした。

会津磐梯山、猪苗代湖、五色沼、安達太良山に吾妻連峰などなど風光明媚な福島県が、今は別の意味で全国、世界に知られるようになって・・・複雑な思いです。

 

コメント: 0

コメントフォーム

誹謗中傷や悪意のある書き込み、営利目的などのコメントを防ぐために投稿された全てのコメントは一時的に保留されます。また、コメントの投稿について、詳しくは「ブログの使い方」ページをご覧ください。

Insert Emoddy tag

トラックバック: 0

この記事のトラックバックURL
http://blog.todock.com/mt/mt-tb.cgi/35327
この記事へのトラックバック一覧
東日本大震災の瓦礫受け入れと原発・放射能のTV学習会を終えて from みんなのぶろぐ

ホーム > 環境・くらし・平和 > | 釧路 > 東日本大震災の瓦礫受け入れと原発・放射能のTV学習会を終えて

ブログ内検索
お気に入り・フィード購読
個別バナー
ページ一覧
プロフィール
QRコード
携帯でもみんなのぶろぐ
http://blog.todock.com/mt4i/minalog/
HELPバナー
共通バナー
Google アドセンス

ページの上部へ