生活協同組合コープさっぽろで、安心生活はじめましょう。

ホーム > 帯広 > 十勝のめぐみ先取りツアー

十勝のめぐみ先取りツアー

  • 投稿日時: ぶろぐ隊
  • 2012年7月19日 17:03
  • 帯広

こんにちは。帯広地区のもりりんです。

今回は、十勝の本別町で行われた小麦の生産者さんでの小麦畑の見学と

その小麦を使ったピザ作りのツアーをご紹介しますear

 

今回お邪魔したのは、本別町の前田農産さんです。元気なご主人の前田さんに小麦のことや、小麦を収穫するコンバインのお話しなどを伺いました。

 

120715-obi-mor-002.jpg.jpg

120715-obi-mor-003.jpg.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

前田さんは、超強力粉のゆめちから、強力粉のキタノカオリ・はるきらり、春蒔きの強力粉の春よ恋、中力粉のきたほなみの5種類の小麦を作っています。 

日本で約610万トンの小麦が消費されており、そのうちの約74万トンを国内生産しています。

しかし、そのほとんどがうどん用の中力粉。パン用の強力粉の自給率は数パーセントだそうです。 

上左はゆめちからの畑、そして「のげ」がピュンと伸びている独特の穂のスタイル・・・・おわかりいただけましたかsign02

 

         

DSCF7342.JPGもりりんは十勝に住んで15年。8月上旬の小麦の収穫時期にコンバインが夜通し動いて収穫しているのは知っていましたが、間近で見るのは初めてeye

 その巨大さにびっくりpunch

 

 

 

120715-obi-mor-001.jpg.JPG

そして、その大きなコンバインで収穫した小麦を乾燥して検査を受けてから、契約している製粉会社さんなどへ出荷するそうです。大きな乾燥棟があり、安全に気をつけて工夫をして作業をしている様子が良くわかりました。

 

 

 

120715-obi-mor-006.jpg.jpg

その後、「ゆめちから」の小麦畑に作られた「ミステリーサークル」を散策しました。

が、その全容をはっきり写真に収めることができなかったので、サークル内での記念撮影の様子のみご紹介。

 

 

そして。いよいよピザ作りです。満寿屋(ますや)パンさんの職人さんが粉をこねるところから教えてくださいました。粉は「ゆめちから」と「きたほなみ」のブレンド粉です。

それに塩とイースト菌を混ぜてビニールで混ぜて出来上がり。そのまま、冷蔵庫で寝かせてOK。

 

しかし、こねた生地は今日には間に合わないので、あらかじめ満寿屋パンさんが用意してくださった生地にトッピングして、ペレット使用の石釜で焼きました。おいしったですsign03

 

120715-obi-mor-000.jpg.JPG

120715-obi-mor-005.jpg.JPG

 

 

 

 

 

 

 

今回、初めての体験(コンバインを間近で見る、小麦畑を散策する)をできて、とても楽しかったです。地元十勝にいて、見ているようで見ていなかった畑や機械。これからは、もっと、地元の小麦粉を使って、パンやピザを作りたいです。

 

 

 

 

 

コメント: 0

コメントフォーム

誹謗中傷や悪意のある書き込み、営利目的などのコメントを防ぐために投稿された全てのコメントは一時的に保留されます。また、コメントの投稿について、詳しくは「ブログの使い方」ページをご覧ください。

Insert Emoddy tag

トラックバック: 0

この記事のトラックバックURL
http://blog.todock.com/mt/mt-tb.cgi/35194
この記事へのトラックバック一覧
十勝のめぐみ先取りツアー from みんなのぶろぐ

ホーム > 帯広 > 十勝のめぐみ先取りツアー

ブログ内検索
お気に入り・フィード購読
個別バナー
ページ一覧
プロフィール
QRコード
携帯でもみんなのぶろぐ
http://blog.todock.com/mt4i/minalog/
HELPバナー
共通バナー
Google アドセンス

ページの上部へ