生活協同組合コープさっぽろで、安心生活はじめましょう。

ホーム > 北見 > | 環境・くらし・平和 > あおさぎ号に乗りました

あおさぎ号に乗りました

すとろべりーです。
7/27 、今年は「川のたんけん隊」の代わりに網走開発建設部のあおさぎ号で豊かな自然がいっぱいの網走湖の生態系をみせてもらい職員の方から説明を聞きました。
100816 en02 ph01.jpg

機械を使って湖水をくみ上げます。

100816 en02 ph02.jpg

 

3カ所の水をくみ上げて湖水の臭いを参加者で嗅いで見ました。

100816 en02 ph03.jpg

湖の浄化対策などを始めてからずいぶん湖水はきれいになったということです。
網走湖は昭和33年。道内2番目に指定避けた国立公園です。
全国で16番目、全道では7番目の広さで網走の町がすっぽりと入ってしまうのだそうです。

海の高さが1メートルになったときは網走湖は40センチほどの高さなのですがそういうときは海水が流れ込むため栄養が豊富でシジミや白魚など淡水湖では全道一の水揚げなのです。また、さけの孵化もおこなわれています。

網走湖は淡水層と塩水層の2つの層に分かれていて、魚は淡水層にすんでいるそうです。

富栄養価した湖や沼などでは水温がたかくなると植物性プランクトンが大量に増殖することがあります。湖面に緑の粉をまいたような風景が見られることがありますがこれは「アオコ」といわれている現象です。

私たちが船に乗ったときは船影がなかったので職員の方に聞いたら
シジミ漁は朝の3時、4時からおこなわれ7時前には終わっているとのことでした。

網走湖は日本有数のアオサギの営巣地もあり自然豊かな湖です。
たくさんの水鳥も生息しています。
この自然を守るために汚れの原因となっている生活汚水やゴミが湖に溜まらないように私たちの協力や努力も必要だと痛感させられました。

 

 

コメント: 0

コメントフォーム

誹謗中傷や悪意のある書き込み、営利目的などのコメントを防ぐために投稿された全てのコメントは一時的に保留されます。また、コメントの投稿について、詳しくは「ブログの使い方」ページをご覧ください。

Insert Emoddy tag

トラックバック: 0

この記事のトラックバックURL
http://blog.todock.com/mt/mt-tb.cgi/31739
この記事へのトラックバック一覧
あおさぎ号に乗りました from みんなのぶろぐ

ホーム > 北見 > | 環境・くらし・平和 > あおさぎ号に乗りました

ブログ内検索
お気に入り・フィード購読
個別バナー
ページ一覧
QRコード
携帯でもみんなのぶろぐ
http://blog.todock.com/mt4i/minalog/
HELPバナー
共通バナー
Google アドセンス

ページの上部へ