生活協同組合コープさっぽろで、安心生活はじめましょう。

ホーム > 札幌東 > | 食の安全 > 小樽漁協へ行ってきました。~ホタテを育てる漁師さんからお聞きした話~

小樽漁協へ行ってきました。~ホタテを育てる漁師さんからお聞きした話~

100608 en05 ph01.jpg

札幌東地区の 食担当の"かぼす"ですwink

初めてのブログに緊張してますが・・・頑張って報告します。

では、甘みと旨みに富んだホタテのお話スタート!!shine

 

採苗:

春、生まれたホタテガイの赤ちゃんは海中を浮遊しています。
桜の開花頃には物にくっつく性質を利用して、幼生をタマネギ袋で出来た
採苗器に付着させて採集します。(このころは0.3mmくらい←目に見えない)

100608 en05 ph02.jpg

中間育成:

夏には、1cmくらいに成長した稚貝をパールネット(座布団篭)に入れ、
10月頃に再度新しい篭に個数を調節して入れ替えます。
100608 en05 ph03.jpg

その後、中に棚の付いた丸篭に入れて更に1~1年半程養殖。

100608 en05 ph04.jpg

 

貝の耳殻に穴をあけ、テグスや返しのついたピン等でロープに
直接取り付けて吊るす方法(耳吊り)もあります。

100608 en05 ph05.jpg


台風で海が荒れても流されないように、
ホタテの養殖施設は海底にしっかりと固定されています。

100608 en05 pic1.gif

養殖の場合は、3年目以降 成貝として出荷されます。
地まき放流の場合は、野付や北見枝幸などの漁場で4年目以降に漁獲されます。

漁師さん達は、天敵ヒトデからホタテを守るため苦労されるそうです
100608 en05 ph06.jpg

 ホタテの貝柱には春から夏にかけてグリコーゲンが大量に蓄積され、
これからの季節は更に旨味を増します。
コレステロールを減らして血圧を下げる働きをするタウリンも豊富に含まれています。

皆さん、是非ご賞味くださーいhappy02

コメント: 0

コメントフォーム

誹謗中傷や悪意のある書き込み、営利目的などのコメントを防ぐために投稿された全てのコメントは一時的に保留されます。また、コメントの投稿について、詳しくは「ブログの使い方」ページをご覧ください。

Insert Emoddy tag

トラックバック: 0

この記事のトラックバックURL
http://blog.todock.com/mt/mt-tb.cgi/31150
この記事へのトラックバック一覧
小樽漁協へ行ってきました。~ホタテを育てる漁師さんからお聞きした話~ from みんなのぶろぐ

ホーム > 札幌東 > | 食の安全 > 小樽漁協へ行ってきました。~ホタテを育てる漁師さんからお聞きした話~

ブログ内検索
お気に入り・フィード購読
個別バナー
ページ一覧
QRコード
携帯でもみんなのぶろぐ
http://blog.todock.com/mt4i/minalog/
HELPバナー
共通バナー
Google アドセンス

ページの上部へ