生活協同組合コープさっぽろで、安心生活はじめましょう。

ホーム > 旭川 > | 産地・工場見学 > 増田農場

増田農場

7月10日(金)近文コープ会の皆さんと、
深川の増田農場さんの見学に行ってきました。
生憎この日は朝から雨、いいえ大雨でした。
でも気を取り直して、いざ出発!!


masuda1.jpg

 
こちらが増田農場さんです。
鶏舎の前を通ってもほとんど臭くありません。なぜでしょう?


masuda2.jpg

増田さんご夫婦からにわとりの平飼いの良さ、
こだわりのエサについて教えていただきました。
ケージ飼いしている鶏と違ってストレスが無く健康なのだそう
です。健康な鶏の糞はベチャベチャしていないので、鶏舎の中
が汚れず、臭いもしないのです。
普通養鶏のエサに使われるトウモロコシは輸入物が殆どな為、
利用していません。主に麦、魚カス、ほたてやカキの殻等。
魚カスは材料が良い物なので臭くないんです。
そんなこだわりのエサを食べて元気に卵を産んでいる
鶏さん達を見に鶏舎の中にお邪魔しました。
 

masuda3.jpg

この生まれて間もない卵をみんなで取らせていただきました。
まだ暖かい卵を触れるなんて、なかなか経験できませんよね。
 

masuda4.jpg

左側の薄い黄色の黄身が増田さんの卵です。
右のお皿は他の養鶏所の卵です。黄身はとっても濃いオレンジ色で、
これは飼料に食紅を混ぜて与えているためにこのような色になるのだ
そうです。黄身の色が濃いと、いい卵と思っている人も多いのでは?
においを嗅ぎ比べてみたら、濃い色の卵はなんだか生臭い嫌なにおい。
卵比べで増田さんの自然卵の良さが分かった皆さんは、卵をいっぱい
買って帰りました!
 


masuda5.jpg

帰りは深川道の駅近くで、増田さんの卵を使っているレストランが
あるということで、寄ってみました。
 

masuda6.jpg 

masuda7.jpg

増田さんは鶏糞を畑に撒き、有機野菜を作っています。
鶏糞のお陰で、元気に育った野菜を鶏が食べて・・・これが循環農業ですね。
循環農業は手間はかかるがコストが安いし、出所のわからない有機肥料とは
違うと熱く語って下さいました。
鶏はヒナから飼い、野菜は種から育てることに意味があるとのこと。
そして手を抜くことなく、ご家族だけで頑張っておられます。

コメント: 0

コメントフォーム

誹謗中傷や悪意のある書き込み、営利目的などのコメントを防ぐために投稿された全てのコメントは一時的に保留されます。また、コメントの投稿について、詳しくは「ブログの使い方」ページをご覧ください。

Insert Emoddy tag

トラックバック: 0

この記事のトラックバックURL
http://blog.todock.com/mt/mt-tb.cgi/29105
この記事へのトラックバック一覧
増田農場 from みんなのぶろぐ

ホーム > 旭川 > | 産地・工場見学 > 増田農場

ブログ内検索
お気に入り・フィード購読
個別バナー
ページ一覧
QRコード
携帯でもみんなのぶろぐ
http://blog.todock.com/mt4i/minalog/
HELPバナー
共通バナー
Google アドセンス

ページの上部へ