生活協同組合コープさっぽろで、安心生活はじめましょう。

ホーム > 学習会 > | 旭川 > 赤毛〜北海道米のはじまり

赤毛〜北海道米のはじまり

みなさんは「赤毛」というお米をご存知ですか?

akage1.jpg

北海道では明治の開拓初期、気候に合わないと稲作禁止令が出ていたのだそうです。
それでも自分達の主食は自分達で作りたいと恵庭の中山さんという人が
「赤毛種」という稲作に成功し、広まっていったのだそうです。


 


akage2.jpg

「赤毛」は上の写真のように、モミひとつにヒゲが1本ついているのです。
ちょうど小麦のようです。
稲の原種に近いのだそうですが、今そんな形の稲って見た事ないですよね。
初めて見る北海道米のご先祖様に一同感激です。

ここは比布町にある道立上川農業試験場の試験水田にある展示のコーナーで、
明治以降北海道で開発されたうるち米ともち米が植えられています。
旭川地区エリア委員が9月15日に見学をした続編です。

akage3.jpg

明治19年北海道庁が設置されると、稲作に関する試験研究もはじまり、
以後寒さに強く収量が多いお米を目指して沢山の品種ができました。

「上育1号」は赤毛のようにヒゲがないので「坊主1号」と名付けられたそうです。
その他私達が一度も聞いた事がない名前のお米が沢山植えられていました。

そしてさらに美味しいお米を目指して品種改良するようになり
「きらら397」「ほしのゆめ」「ゆめぴりか」など次々と新しい品種が誕生したのです。
もち米の方は「小川糯1号」という品種から始まっていました。
続いて「栄糯」、「ユキモチ」と続きます。

akage4.jpg

お馴染みの「はくちょうもち」の他に「風の子もち」「しろくまもち」という品種も。
多くの人々がかかわって今の北海道米があることが、目で見てわかる展示水田でした。
現在もいろいろな研究がされている試験水田、案内してくださった
上川農試菊地場長さんありがとうございました。

akage5.jpg

コメント: 0

コメントフォーム

誹謗中傷や悪意のある書き込み、営利目的などのコメントを防ぐために投稿された全てのコメントは一時的に保留されます。また、コメントの投稿について、詳しくは「ブログの使い方」ページをご覧ください。

Insert Emoddy tag

トラックバック: 0

この記事のトラックバックURL
http://blog.todock.com/mt/mt-tb.cgi/28942
この記事へのトラックバック一覧
赤毛〜北海道米のはじまり from みんなのぶろぐ

ホーム > 学習会 > | 旭川 > 赤毛〜北海道米のはじまり

ブログ内検索
お気に入り・フィード購読
個別バナー
ページ一覧
QRコード
携帯でもみんなのぶろぐ
http://blog.todock.com/mt4i/minalog/
HELPバナー
共通バナー
Google アドセンス

ページの上部へ