生活協同組合コープさっぽろで、安心生活はじめましょう。

ホーム > 食の安全 > 「名人とめぐる後志プルーンガイド!」直前情報♪

「名人とめぐる後志プルーンガイド!」直前情報♪

  • 投稿日時: ぶろぐ隊
  • 2009年9月14日 14:32
  • 食の安全

こんにちは。
後志支庁のユウイチです。
9月16日に開催する「名人とめぐる後志プルーンガイド!」は、
定員に対し多数の応募をいただきまして大変ありがとうございました。

さて今回は、当日、樹園地を見学させていただく三浦さんにインタビューしてきましたので、
そのご報告をさせていただこうと思います。
三浦さんは、とても気さくな方で、インタビューなど初めてだった自分にも、親切にたくさんのことを
お話しいただけましたので、皆さんも当日は安心していろいろ聞いてみてくださいね。

【三浦さんです☆】
purunvol3-1.jpg

三浦農園は、最初はりんごから作付けを始め、さくらんぼ、ぶどう、プルーンと
新たな作物を取り入れ、現在の経営主である三浦さんは3代目となるそうです。
三浦農園のプルーンの歴史は古く、30年くらい前に"プラム"の苗木を導入したはずが、
プラムとは違う果実がなっていたため、何の実なのかなと思っていたところ、
しばらくしてとある本の写真と見比べた時に「プルーンだ!」と気がついたそうです。
その最初の品種は、プルーンの代表格でもあるサンプルーンだったそうです。

プルーンは一つの品種における収穫時期が1~2週間くらいと大変短く、
長期間にわたってプルーンを出荷するために、たくさんの品種のプルーンを栽培しています。
三浦さんのところでも、実に13種類ものプルーンを栽培しているとのことです。
品種によって、見た目・甘さ・酸っぱさが異なるので、
皆さんもぜひ自分好みのプルーンの品種を見つけてみてください。


今は、パープルアイが最盛期で、ここ数日は天気もよかったため、
取材当日も大きな脚立に登り、皆さんのお口に届く頃に食べ頃となるように、
一つ一つしっかり見極めながら収穫していました。
ちなみに、三浦農園でプルーンガイドの当日に食べ頃になっていると思われるのが、
バラー・ローブドサージェン・サンプルーンの3品種だそうです。
下の写真は取材時に撮影したローブドサージェンですが、
三浦さんも一押しの品種だということで食べるのが楽しみですね☆

【ローブドサージェン~徐々に色づいています】
purunvol3-2.jpg 

自分は一足お先に、プルーンの食べ頃の見分け方、三浦家の自家製加工品の話し、
ちょっと食べるのが早い(硬い・酸が強い)プルーンの美味しく食べるコツ、
栽培におけるご苦労などをお聞きしました。
ここで話してしまったら当日の楽しみがなくなってしまうので、
それは皆さんがぜひご自分で名人にお聞きください!

今年は出荷時期である8月から天気も良いので、美味しいプルーンが期待できるそうです。
皆さんにはこのブログを通じて、プルーンは多くの品種があり、
品種ごとに特性があるということを知っていただき、
ぜひご家庭でプルーンを食べていただきたいと思います。

今後も、プルーンの情報をご提供出来ればと思っておりますので、よろしくお願いします!

プルーンの1年について vol.1
http://blog.todock.com/minalog/2009/08/post-696.html#extended
プルーンの1年について vol.2
http://blog.todock.com/minalog/2009/09/post-717.html

コメント: 0

コメントフォーム

誹謗中傷や悪意のある書き込み、営利目的などのコメントを防ぐために投稿された全てのコメントは一時的に保留されます。また、コメントの投稿について、詳しくは「ブログの使い方」ページをご覧ください。

Insert Emoddy tag

トラックバック: 0

この記事のトラックバックURL
http://blog.todock.com/mt/mt-tb.cgi/28130
この記事へのトラックバック一覧
「名人とめぐる後志プルーンガイド!」直前情報♪ from みんなのぶろぐ

ホーム > 食の安全 > 「名人とめぐる後志プルーンガイド!」直前情報♪

ブログ内検索
お気に入り・フィード購読
個別バナー
ページ一覧
QRコード
携帯でもみんなのぶろぐ
http://blog.todock.com/mt4i/minalog/
HELPバナー
共通バナー
Google アドセンス

ページの上部へ