生活協同組合コープさっぽろで、安心生活はじめましょう。

ホーム > 南空知・北広島・恵庭・千歳・江別 > | 産地・工場見学 > 二つのチーズ工房を見学

二つのチーズ工房を見学

こんにちは。
石狩Bエリアのみっき~2号です。

好天に恵まれた25日、私達エリア委員6名で
安平町にある二つのチーズ工房を見学してきました。

まずは早来の「プロセスグループ夢民舎(ムーミンシャ)」
白衣と帽子を着用し、社長の宮本さんに案内されて工場内を
見学させていただきました。
中に入るとほんのり牛乳・チーズの香りがします(*^o^*)。

CA3C0074.jpg
 

夢民舎ではこのホエーを常時、水代わりに飲ませている
「夢民豚(ムーミントン)」を飼育しています。
レストランみやもとで食べることができますよ!

CA3C0075.jpg
出来たてのモッツァレラチーズです。


CA3C0077.jpg
ブルーチーズを熟成させています。
チーズに穴をあけて青カビを入れるとどんどん広がり、
きれいな大理石模様が出来上がりるとの事!!

ブルーチーズが苦手なみっき~2号ですが...
あまりクセがなくて大丈夫でしたよ(^_^)v。

この他、カマンベールチーズやカチョカバロの熟成庫を見学しました。
CA3C0081.jpg

社長の宮本さんから「塩」にこだわってチーズを
作られているとのお話を伺いました。
ここではオーストラリア産の塩を使っているそうです。
夢民舎のチーズたちです。

CA3C0084.jpg

ここのモッツァレラチーズは真空パックで包装されているんですよ。
また、世界で初めてカマンベールチーズの薫製化にも成功!
皆さんも是非スモークカマンベールの独特の風味を味わってみて下さいね。
モッツァレラのスモークタイプもありますよ~。
宮本さんは50歳でこの仕事を始めて19年が経ったそうですが...
「この仕事が楽しい」と満面の笑みでお話してくれました。
チーズはすべて手作りのため、味や食感を一定に保つことが難しいそうです。

続いておじゃましたのは追分にある「チーズ工房角谷(かくや)」さん。
地元追分の農家の牛乳を使い、カマンベールチーズだけを製造しています。

CA3C0091.jpg

清潔な工場内で作られているカマンベールチーズは、
第一号の「北海道認証食品」となりました。

CA3C0089.jpg

ここのチーズは有名な三国シェフに認められ、レストランで使っているそうですよ。
思わず「凄~い!」と声をあげてしまった私達です。
この日はすでに製造が終わっていて、工程など見学ができませんでしたが、
大井さんが楽しく、詳しくお話をしてくれました。
CA3C0086.jpg

皆さんは1トンの牛乳からどれだけのカマンベールチーズが
出来るかご存知ですか?
角谷さんでは1000個出きるそうですよ!
試食させていただきましたが、濃厚でクリーミーなチーズに
思わず笑顔になってしまうみっき~2号でした。
角谷さんのカマンベールチーズは缶詰めに入っているのですが、珍しいですよね。
ここにも角谷さんのチーズへのこだわりが感じられました。
箱の赤い「きらりっぷ」のマークも見えますか?
角谷さん自慢のカマンベールチーズは北キッチンやどさんこプラザでも
購入する事ができますよ!

CA3C0087.jpg

今回二カ所の工房を見学しましたが、チーズへの強い思い、
こだわりが伝わってきました。お忙しい中、ありがとうございました

コメント: 0

コメントフォーム

誹謗中傷や悪意のある書き込み、営利目的などのコメントを防ぐために投稿された全てのコメントは一時的に保留されます。また、コメントの投稿について、詳しくは「ブログの使い方」ページをご覧ください。

Insert Emoddy tag

トラックバック: 0

この記事のトラックバックURL
http://blog.todock.com/mt/mt-tb.cgi/27967
この記事へのトラックバック一覧
二つのチーズ工房を見学 from みんなのぶろぐ

ホーム > 南空知・北広島・恵庭・千歳・江別 > | 産地・工場見学 > 二つのチーズ工房を見学

ブログ内検索
お気に入り・フィード購読
個別バナー
ページ一覧
QRコード
携帯でもみんなのぶろぐ
http://blog.todock.com/mt4i/minalog/
HELPバナー
共通バナー
Google アドセンス

ページの上部へ