生活協同組合コープさっぽろで、安心生活はじめましょう。

ホーム > 参加者募集 > | 食の安全 > プルーンの1年について vol.1

プルーンの1年について vol.1

こんにちは。
後志支庁のユウイチです。
皆さん8月号の「ぴあっと」は見られましたか?
今回、コープさっぽろと北海道後志支庁のコラボ企画により、
「名人とめぐる後志プルーンガイド!」を開催します。
企画の内容は、

① 仁木町の農家さんの樹園地の見学
② プルーンの品種の勉強会
③ プルーンの食べ比べ
④ 野菜ソムリエ木村光江さんによるお菓子作り講習会
と盛りだくさんの内容です。
しかも、①~③の取組みには、
小グループ分けしたグループごとに
名人(生産者)が一人ずつお付きする豪華な企画です。
詳細は「ぴあっと」8月号の15ページを見てくださいね。
募集の締切は8月28日(金)当日消印有効ですよ。
たくさんの方々のご応募お待ちしております。

さて、今回はその企画に参加したいと思っている方はもとより、
参加は出来ないけどプルーンについて知りたいなという方に、
ちょっとだけプルーンについて学んでいただきたいと思います。

では、さっそく「プルーンの1年」スタートです。

(1)わが子のように育てる
purun1.jpg
プルーンの1年は、まず樹木の枝を切り揃えること
(剪定(せんてい))から始まります。
樹の勢いや枝の方向、樹の高さを考えながら、
葉っぱや実に太陽の光が十分あたり、作業がしやすいようになど、
大きくなった時の樹を一つ一つイメージしながら行います。
まだ樹が眠っている時期に行うので、雪がまだ一面に広がっていますよね。
この作業は、ある意味子どものしつけと同じです。
大きくなってからしつけるのはなかなか難しいように、
小さい時からきちんと目をかけて大事に育てることが重要です。
生産者の方は、プルーンをわが子のように愛情をかけて育てるのです。
こうして、プルーンの1年が幕を明けます。

(2)春の訪れ
雪もすっかり融け、GW過ぎの春めいた頃に花が咲き誇ります。
プルーンの花の色はまっさらな純白で、
緑に色づいた葉と小さくて可憐な白い花の鮮やかなコントラストは格別です。

purun2.jpg

(3)やっぱりハッチは働き者!
ほとんどのプルーンは、違う品種の花粉が
めしべにつかないと実を結ぶことができません。
そのため、同じ樹園地に違う品種のプルーンを植えることによって、
実が結ぶように促しています。
また、マメコバチやミツバチなどの助けを借りて、
実が結ぶ割合を高めたりしています。

purun3.jpg 

アップにすると
purun4.jpg

(4)何事もほどほどが肝心
たくさんの実がなったほうが、たくさん収穫できて万々歳!...とはいかず、
実がなりすぎると、一つ一つは小さくなってしまい、品質の低下を招いてしまいます。
プルーンは実がなりやすい品種が多いため、
親指位になった頃に余分な実を手で摘む作業(摘果(てきか))を行います。
こうしたひと手間により、大きな実をつけたり
糖度を高めたりする効果があり、品質の高いプルーンを作るために大事な作業です。

【摘果前:たくさんなっていますね~】

purun5.jpg

【摘果後:すっきりしました♪】

purun6.jpg

次回は、「YES!clean」の取り組みや
プルーンの天敵である「雨」対策についてお話します♪

コメント: 0

コメントフォーム

誹謗中傷や悪意のある書き込み、営利目的などのコメントを防ぐために投稿された全てのコメントは一時的に保留されます。また、コメントの投稿について、詳しくは「ブログの使い方」ページをご覧ください。

Insert Emoddy tag

トラックバック: 0

この記事のトラックバックURL
http://blog.todock.com/mt/mt-tb.cgi/27805
この記事へのトラックバック一覧
プルーンの1年について vol.1 from みんなのぶろぐ

ホーム > 参加者募集 > | 食の安全 > プルーンの1年について vol.1

ブログ内検索
お気に入り・フィード購読
個別バナー
ページ一覧
QRコード
携帯でもみんなのぶろぐ
http://blog.todock.com/mt4i/minalog/
HELPバナー
共通バナー
Google アドセンス

ページの上部へ