生活協同組合コープさっぽろで、安心生活はじめましょう。

ホーム > 旭川 > | 産地・工場見学 > | 食の安全 > ぼちぼち舍の田中さん

ぼちぼち舍の田中さん

農業賞受賞「グループ'84」メンバー「ぼちぼち舍」田中さん訪問

旭川地区内の生協のお店に毎年有機野菜を提供してくれる
「グループ'84」は旭川近郊の有機農業生産者グループで、
第3回コープさっぽろ農業特別賞を受賞しています。

ぼちぼち舎田中さん1.jpg
旭川地区委員会では夏にメンバーの一人、
当麻町「ぼちぼち舍」田中さんの見学会をします。
4月17日打合せを兼ね訪問して来ました。


ぼちぼち舎田中さん2.jpg

田中さんは30種類以上の野菜を有機栽培で作っていらっしゃいます。
畑はなだらかな斜面になっていました。
「上は水不足、下は水はけが悪いです。
 傾斜しているので作業も大変です。
 でも景色はいいんですよ。
 きれいに晴れたらあそこに大雪の山々が見えるんです。」と田中さん。

ぼちぼち舎田中さん3.jpg 

 「これは鹿の足跡です。数年前からはアライグマも出る様になりました。
 トウキビなどがやられています。」

ぼちぼち舎田中さん4.jpg 

それで電気柵を設ける事にしたそうです。
マルチをかけたアスパラガスからはもう小さな芽が沢山出ていました。

ぼちぼち舎田中さん5.jpg 

「これはまだ2年目なので株作りにするため今年は取りません。
 アスパラは収穫できるようになるまで3年かかるんですよ。」

次にハウスの様子を見せてもらいました。

ぼちぼち舎田中さん6.jpg 

下の写真は収穫を始めたばかりの
葉ものや、ミニ人参、玉ねぎの苗のハウスです。

ぼちぼち舎田中さん7.jpg 

 こちらは種を蒔いて苗にするまでのハウス。
トマト、茄子、ピーマン、パプリカ、オクラなど沢山の苗が育っていました。
有機栽培なので苗を買うのではなく、全て種から植えるのだそうです。

ぼちぼち舎田中さん8.jpg 

ハウスは二重になっており、気温が低い時は
上の写真の枠組みにかかっている薄茶色をした
綿入のカバーがさらに掛けられるそうです。

ぼちぼち舎田中さん9.jpg 

水をやる時も、普通の冷たいお水ではなく上の写真のオレンジの
大きなタンクで温められた水をやるそうです。

ぼちぼち舎田中さん10.jpg 

上の写真のハウスの壁際に置かれた籠は、ねずみ取りです。
有機栽培のため殺鼠剤が使えないので、
ねずみ取りと猫で、ねずみ退治をしているそうです。ねずみは苗の上部を
沢山切って自分の巣の材料にしてしまうのだそうです。

一通りほ場見学をさせてもらってからハウスの中で
夏の見学会の打合せをしました。

そのとき田中さんがとれたての色とりどりのラディッシュと
ミニ大根を持って来てくださり、用意してくれた
味噌マヨネーズをつけていただきました。

ぼちぼち舎田中さん11.jpg 

シャキッとしていて春らしいほのかな苦みと甘さがあり、
葉っぱまでいただき、美味しかったです。

外の畑は雪がとけたばかりなのに、
もうハウスでは着々と準備が始まっていて、
しかも赤ちゃんを扱うかの様に、とても気を使って大事に
野菜達が育てられている事わかりました。

コメント: 0

コメントフォーム

誹謗中傷や悪意のある書き込み、営利目的などのコメントを防ぐために投稿された全てのコメントは一時的に保留されます。また、コメントの投稿について、詳しくは「ブログの使い方」ページをご覧ください。

Insert Emoddy tag

トラックバック: 0

この記事のトラックバックURL
http://blog.todock.com/mt/mt-tb.cgi/25470
この記事へのトラックバック一覧
ぼちぼち舍の田中さん from みんなのぶろぐ

ホーム > 旭川 > | 産地・工場見学 > | 食の安全 > ぼちぼち舍の田中さん

ブログ内検索
お気に入り・フィード購読
個別バナー
ページ一覧
QRコード
携帯でもみんなのぶろぐ
http://blog.todock.com/mt4i/minalog/
HELPバナー
共通バナー
Google アドセンス

ページの上部へ