生活協同組合コープさっぽろで、安心生活はじめましょう。

ホーム > 旭川 > 2008年は「国際イモ年」でした。

2008年は「国際イモ年」でした。

  • 投稿日時: ぶろぐ隊
  • 2009年1月 3日 09:58
  • 旭川

こんにちは、せっきーです。

2008年は「国際イモ年」でした。

ポスターには下のように書かれています。

"世界の飢餓や貧困、環境問題といった

地球的規模の問題に果たす

イモ類作物や農業全般の役割について

人々の関心を高める事が目的です。"

国際イモ年1.jpg


11
16日にアクセスサッポロで行なわれた

「第2回食べるたいせつフェスティバル」でも、

野菜ソムリエのコーナーで

いろいろなじゃがいもが展示されていて、

担当の方にお話を聞く事ができました。

国際イモ年2.jpg

同じじゃがいもでも普通にスーパーで売られている

品種の他に、ポテトチップス用や

馬鈴薯デンプン(片栗粉)用のがあるのは知っていましたが、

デリカ用があるというのは初めて聞きました。

国際イモ年3.jpg

例えば上の写真「さやか」は、

芽のところのくぼみが浅く皮がむきやすく、

さらにドレシッングによくなじむということで

ポテトサラダのようなデリカに向いているのだそうです。


また下の写真のように、紫色のじゃがいもや、

皮の表面にまだら模様のあるじゃがいも、

中が黄色い色のじゃがいももあり、

見ているだけでも面白かったです。


国際イモ年4.jpg

「北海道農業研究センター生まれのばれいしょ図鑑」

というパンフレットももらいました。

国際イモ年5.jpg

こんなにたくさんのじゃがいもが

北海道で開発されたんですね。


紫のはアントシアニンが多いが、

茹で汁まで紫色になるので

味噌汁の具などに向かず不評だとか、

最近よく見かける様になった

「インカのめざめ」などインカと付く物は

じゃがいもの故郷南米の品種を

北海道の気候にあうように何年もかかって

改良されたものだとか、

たくさんのお話を伺う事ができました。


北海道を代表する作物であるじゃがいも、


これからも美味しくいただきたいです。(^^



 

コメント: 2

桜子desu♪ 2009年1月 3日 20:50

こんにちはm(__)m゛せっきーさん♪
本当に芋って偉い食べ物ですよね(^o^)丿
この全ての種類の芋は国内で生産されて
いるのですか?私も札幌北口近くのホクレン
直営の『北の菜路季』と言う和食レストランで
何種類かのじゃがバターを頼んで食べてみました♪
種類によって味が違うので感動しました!\(◎o◎)/!

せっきー 2009年1月 4日 15:12

桜子さん、男爵やメークイーンはもともとは外国の品種なんだそうですが、このごろ見かける「とうや」「キタアカリ」「インカのめざめ」、ポテトチップスでお馴染みの「トヨシロ」などこのブログ写真に出ている全てのじゃがいもは、ななんと全部北海道農業研究センター生まれの品種なんですって!!スゴいですよね。
 本州の方には北海道のじゃがいもが甘いので驚かれることもありました。ただ茹でただけなのにとっても喜ばれてチョ〜得しました。だから北海道のじゃがいもさんに感謝しています♥

コメントフォーム

誹謗中傷や悪意のある書き込み、営利目的などのコメントを防ぐために投稿された全てのコメントは一時的に保留されます。また、コメントの投稿について、詳しくは「ブログの使い方」ページをご覧ください。

Insert Emoddy tag

トラックバック: 0

この記事のトラックバックURL
http://blog.todock.com/mt/mt-tb.cgi/23271
この記事へのトラックバック一覧
2008年は「国際イモ年」でした。 from みんなのぶろぐ

ホーム > 旭川 > 2008年は「国際イモ年」でした。

ブログ内検索
お気に入り・フィード購読
個別バナー
ページ一覧
プロフィール
QRコード
携帯でもみんなのぶろぐ
http://blog.todock.com/mt4i/minalog/
HELPバナー
共通バナー
Google アドセンス

ページの上部へ