生活協同組合コープさっぽろで、安心生活はじめましょう。

ホーム > 北見 > | 学習会 > | 食の安全 > うなぎ学習会をしました

うなぎ学習会をしました

11月18日、

うなぎの生産者の鹿児島県の大隅水産さんと

宮崎県の大森淡水さんをお招きして学習会をしました。


生産者の方、日生協の方などを含めて

28名参加しました。

北見うなぎ1.jpg

最初に大隅水産の楠田さんの

うなぎの養殖の仕方や水温管理、

製品になるまでのことや商品管理のため

ロット番号つけていることなど話してくれました。

つづいて大森淡水さんの大森さん

(トドックの写真でおなじみ)

うなぎの特性などを話してくれ、

おふたりとも参加者の質問にもいろいろ答えてれました。

お二人のお話を要約すると

・水温が37度以上になるとうなぎは死んでしまうこと。


・うなぎは雌雄同体。


・太平洋の赤道近くで産卵して台湾や中国に泳ぎ着くこと。


・しらす稚魚は爪楊枝くらいの大きさで
 1匹200円で中国などから買
いとる。

・細くて長いのがジャポニカ種という日本のうなぎで
 太くて短いのがフランスのうなぎとのことなどなど。

 

遊佐理事が鹿児島に視察に行ってきていたので

質問も弾みました。


 

鹿児島産と宮崎産のうなぎを食べ比べてみました。

どちらもふわっとして身が厚く美味しいねーーーと

参加者一同感激して食べさせていただきました。

 



北見うなぎ2.jpg

 とってもおいしかったでーーーーす。

コメント: 0

コメントフォーム

誹謗中傷や悪意のある書き込み、営利目的などのコメントを防ぐために投稿された全てのコメントは一時的に保留されます。また、コメントの投稿について、詳しくは「ブログの使い方」ページをご覧ください。

Insert Emoddy tag

トラックバック: 0

この記事のトラックバックURL
http://blog.todock.com/mt/mt-tb.cgi/21532
この記事へのトラックバック一覧
うなぎ学習会をしました from みんなのぶろぐ

ホーム > 北見 > | 学習会 > | 食の安全 > うなぎ学習会をしました

ブログ内検索
お気に入り・フィード購読
個別バナー
ページ一覧
QRコード
携帯でもみんなのぶろぐ
http://blog.todock.com/mt4i/minalog/
HELPバナー
共通バナー
Google アドセンス

ページの上部へ