生活協同組合コープさっぽろで、安心生活はじめましょう。

ホーム > 旭川 > | 食の安全 > コープ産直「大雪高原牛」生産者交流会at滝川(育て方編)

コープ産直「大雪高原牛」生産者交流会at滝川(育て方編)

せっきーです

旭川地区北空知富良野エリアでは、

11月6日滝川市でコープさっぽろ産直の

「大雪高原牛」の学習会をしました。


「大雪高原牛」の故郷上川から

出向いてくださるとのことで定員を超える応募があり、

抽選ではずれてしまった組合員さんもいました。


落選の皆様ごめんなさい。m(_ _)m


滝川まで来て下さったのは、次の6名の方々です。

大雪高原牛生産者1.jpg

生産者を代表して

上川町(有)グリーンサポート
 藤田社長さん


         JA上川中央  端場さん 福島さん

ホクレン旭川支所 畜産販売課 中島さん

         
         畜産生産課 山口さん 平田さん


調理室という環境でしたが、

JA上川中央の福島さんがパワーポイントを使って

楽しくわかりやすく「大雪高原牛」の

説明をしてくれました。

大雪高原牛生産者2.jpg

「大雪高原牛」は上川町内の酪農家で生まれた

ホルスタインのオス牛であること、


主食となる牧草は上川町内で作った無農薬のもので、

おかずにあたる配合飼料も

遺伝子組み換えでないトウモロコシ、

大豆などを使ったもの、

しかも一般の肉牛に与えられている

抗生物質モネンシンを添加していないことなどが

紹介されました。


参加者の中に車椅子の方もいらっしゃいした。

会場までご自分で車を運転して来られたそうです。

主催側としてとてもうれしかったです。


「モネンシンを使わないので牛の健康には

 特に気を使い、機械に頼らないで、

 一頭一頭まず牧草を与えながら牛の体調を見て、

 それから配合飼料を与えます。」

と藤田さん。


家畜用抗生物質の話は

初めて聞く人がほとんどでした。()


  大雪高原牛生産者3.jpg

アメリカで生産された

遺伝子組み換えのないトウモロコシが、

他の物と区別されて日本まで届く様子を

説明してくれたホクレン山口さん。

大雪高原牛生産者4.jpg

牛のエサにもバイオエタノール用作物の

普及や世界的な穀物の高騰など、

世界情勢が大きく関る事が

改めてわかりました。(•_◦;) 



続いて旭川地区畜産SVの五十嵐さんから、

肉になってからの

「大雪高原牛」についてのお話がありました。

いろいろな部位に分かれ、

調理法に応じ切り方も違って来ます。


大雪高原牛生産者5.jpg

さてその「大雪高原牛」のお味の方は?

次回をお楽しみに (^^)

コメント: 0

コメントフォーム

誹謗中傷や悪意のある書き込み、営利目的などのコメントを防ぐために投稿された全てのコメントは一時的に保留されます。また、コメントの投稿について、詳しくは「ブログの使い方」ページをご覧ください。

Insert Emoddy tag

トラックバック: 0

この記事のトラックバックURL
http://blog.todock.com/mt/mt-tb.cgi/21404
この記事へのトラックバック一覧
コープ産直「大雪高原牛」生産者交流会at滝川(育て方編) from みんなのぶろぐ

ホーム > 旭川 > | 食の安全 > コープ産直「大雪高原牛」生産者交流会at滝川(育て方編)

ブログ内検索
お気に入り・フィード購読
個別バナー
ページ一覧
QRコード
携帯でもみんなのぶろぐ
http://blog.todock.com/mt4i/minalog/
HELPバナー
共通バナー
Google アドセンス

ページの上部へ