生活協同組合コープさっぽろで、安心生活はじめましょう。

ホーム > 学習会 > | 旭川 > | 食の安全 > "ひんかん"(品質管理センター)見学

"ひんかん"(品質管理センター)見学

せっきーです。icon:heart

 

10月23日(木)各地区委員会の

食の安全推進委員が集まって、

コープさっぽろ発寒本部の品質管理センターを見学しました。

 

まずは長田センター長さんからのお話。

 

品管1.jpg

 

フレッシュな職員千葉さんが

農薬の検査手順について説明してくれました。

 

品管2.jpg

 

さあ、関係者以外立入禁止の検査室に入れてもらいます。

 

品管3.jpg

 

部屋の中はいろいろな器具が並んでいます。

 

こちらでは野菜、果物などに含まれる残留農薬や

食品中の食品添加物などを検査しているそうです。

 

品管4.jpg

 

品管5.jpg

 

合成着色料を見せてもらっています。

 

品管6.jpg

 

農薬と言えば、問題になったメタミドホス

 

日本では研究用にしか使う事ができず

購入する場合は厳重チェックが必要で、

こんな小さな1瓶で(ペンとの大きさ比べて!)

3万円もするそうです。

 

中国製の物は日本製の物より不純物が多いので、

純度を調べると日本製が中国製かがわかるのだそうです。

 

品管7.jpg

 

最近問題になったメラミンも見せてもらいました。

下の写真です。

もともと「メラミン樹脂」プラスチック製食器などの原料なので、

食品とは無縁の物だそうです。

中国では水で薄めた牛乳を蛋白値が上がる様に

ごまかす為に混ぜたと言われていますが、

WHOでは牛乳に混ぜても蛋白値は上がらないと言っているそうです。

品管8.jpg

 

こちらの方は試験液を作っていらっしゃるのかな。

正確で細かい作業のようです。

 

品管9.jpg

 

農薬の分析をする機械がある部屋に移って

クロマトグラムという検査法の説明をしてもらっています。

(シロウトには難しかったです・・・)

一つの食品の残留農薬検査をするのに3日かかるとの事でした。

 

品管10.jpg

 

続いて微生物検査をする部屋で職員の杉原さんから、

食品に含まれる微生物(大腸菌群やサルモネラ菌など)を

調べる方法を説明してもらいました。

 

 

品管11.jpg 

 

普段計画されている検査の他に、

異臭や味などのクレームで送られて来た商品も

ここで検査しているそうです。

 

検査で使う器具や水も、

検査のさまたげにならないよう雑菌がない物を使っているそうです。

 

品管13.jpg

 

上の写真は、培養のための保温庫です。

 

食品によって、たとえばショートケーキだったら

いちごとスポンジ部分は別に調べるとか、

その商品のどの部分を調べるかということが

細かく法律で決まっているそうです。

 

ppmというとても小さな世界で正確に

事実を積み上げていくという、

普段大雑把に暮らしている

私には考えられない分野でしたが、

ここで地道にやっている事が

私達の食を支えている所なのだなあと思いました。♡

 

 

コメント: 0

コメントフォーム

誹謗中傷や悪意のある書き込み、営利目的などのコメントを防ぐために投稿された全てのコメントは一時的に保留されます。また、コメントの投稿について、詳しくは「ブログの使い方」ページをご覧ください。

Insert Emoddy tag

トラックバック: 0

この記事のトラックバックURL
http://blog.todock.com/mt/mt-tb.cgi/21013
この記事へのトラックバック一覧
"ひんかん"(品質管理センター)見学 from みんなのぶろぐ

ホーム > 学習会 > | 旭川 > | 食の安全 > "ひんかん"(品質管理センター)見学

ブログ内検索
お気に入り・フィード購読
個別バナー
ページ一覧
QRコード
携帯でもみんなのぶろぐ
http://blog.todock.com/mt4i/minalog/
HELPバナー
共通バナー
Google アドセンス

ページの上部へ