生活協同組合コープさっぽろで、安心生活はじめましょう。

ホーム > 環境・くらし・平和 > | 産地・工場見学 > | 苫小牧 > イタンキの鳴き砂

イタンキの鳴き砂

はじめまして苫小牧地区のTOMOです。

大変お待たせしました。苫小牧地区のお知らせをしていきますのでヨロシクお願いします。

7月29日夏休み親子企画「自然環境を学びませんか?」に行ってきました。

イタンキ浜は、あいにくの小雨でしたが、見学の時は運よく霧雨

当日は室蘭イタンキ浜鳴り砂を守る会の方に案内説明していただきました。

 

現在国内で鳴り砂の存在する浜は約30ヵ所、

その中で都市の市街地近くに鳴り砂があるのは、

唯一イタンキ浜という極めて貴重な砂浜だそうです。

霧雨のため、今日は鳴りませんでした。(o´_`o)...残念

子供たちが砂浜に入り鳴り砂にふれていました。

 (乾いた砂をいただいてきました)

音の出る正体(石英とは)!?

火山活動の際、高温で誕生しそのまま冷却された硬くて水晶のように

透明な物質でガラスの原料等として使われています。

砂の中に混じる、その「石英」が擦れ合って音を出すんです!

鳴り砂の天敵!! ヾ(*`Д´)ノケシカラン!!

プラスチック、ビニールなどの石油化学製品は分解しないで残る。

皆さん、ゴミは川や海に捨てないようにしてくださいね。

霧雨の中守る会の方ありがとうございました。




室蘭水族館で昼食後


室蘭に出来たPCB廃棄物処理工場へ


 PCB処理情報センターの
 プレゼンテーションルームにて説明を
 受けました。

 PCBとはポリ塩化ビフエニルのことで、
 燃えにくい、電気を通しにくい等の
 便利な性質があり、トランスなどに
 広く利用されました。

 


カネミ油症事件(S34年)があり、S47年に製造が中止されましたが、

処理施設がないため長期保存されていました。

情報公開ルームもあります。

処理施設2階見学ルート


 工場の中は明るく廊下も広く、
 見学しやすかったです。

 
 300億かかっている施設だそうで、
 PCBは2028年までに適正に
 処分しなければならないそうです。




・事前のバスの中での学習で学んだこと

PCBのように人間にとって非常に役に立った化学物質が
後に有害、有毒と判明したものとして「DDT」(農薬、殺虫剤)や
「フロン」(発泡剤、噴射剤、冷媒、洗浄剤)があるそうです。 

コメント: 0

コメントフォーム

誹謗中傷や悪意のある書き込み、営利目的などのコメントを防ぐために投稿された全てのコメントは一時的に保留されます。また、コメントの投稿について、詳しくは「ブログの使い方」ページをご覧ください。

Insert Emoddy tag

トラックバック: 0

この記事のトラックバックURL
http://blog.todock.com/mt/mt-tb.cgi/11579
この記事へのトラックバック一覧
イタンキの鳴き砂 from みんなのぶろぐ

ホーム > 環境・くらし・平和 > | 産地・工場見学 > | 苫小牧 > イタンキの鳴き砂

ブログ内検索
お気に入り・フィード購読
個別バナー
ページ一覧
QRコード
携帯でもみんなのぶろぐ
http://blog.todock.com/mt4i/minalog/
HELPバナー
共通バナー
Google アドセンス

ページの上部へ