生活協同組合コープさっぽろで、安心生活はじめましょう。

ホーム > 帯広 > | 食の安全 > 手作りうどん

手作りうどん

みまちでーす。
8月1日音更コープ会で親子うどんづくりをしました。

参加者は大人20名、子供19人 メンバーで講師をしてくれた方以外はみんな初めての経験ということもあり楽しく、うどんづくりをしました。

まず、はじめに、作り方を習います。小麦粉にぬるま湯と塩を混ぜてこねるのはお母さんの仕事。まとまったものをビニールの袋に入れて踏むのは子供の仕事。

きちんと聞いてないと、おいしいうどんは出来ませんよ!



お母さんが一生懸命こねた小麦粉です。結構、力がいり一仕事です。



それをビニールの袋にいれて踏みます。広がったら袋から出し、丸めなおして袋へ戻し、
また踏みます。

これを3回繰り返します。

3回踏んだ後は30分ねかせるので、その間にタレづくりを習いました。
今回は八方だしとゴマダレの2種類のタレで食べます。先生がゴマをすり鉢で
すっているところに、いいニオイに子供たちが思わず身を乗り出しているところです。



ところでみなさん、すり鉢やすりこぎなど私たちには慣れ親しんだ道具ですが
東京の方では『する』というのはお財布などをするスリを連想させるため
『あたり鉢、あたりゴマ』などと言うそうです。

日本語の奥深さを感じました。

これが八方だしの主役「むろあじ」です。



むろあじと干し椎茸、昆布を半日、醤油とみりんにつけて火にかけたつゆは
とても美味でした。

30分の間には冷しゃぶサラダもつくりました。

30分ねかせたら打ち粉をして、のしていきます。どんどんひろげて薄くしてね。



包丁でちょうどよい太さに切っていきます。



できあがり!!あとは茹でて食べるよ!!



おいしそうに出来ました。

これが八方だしです。添加物が一切入っていない安心のつゆです。

自分で作ったうどんはもっちりして、とても美味しかったです。
小麦粉から簡単に作ることができたので家でも挑戦してみようかなという声がちらほら。
夏休みに、また親子で作ってみると楽しいよね。


ぜひ、ごまだれと八方だしにもチャレンジしてね。



きっと夏休みのよい思い出になったね。お友達にも教えてあげて欲しいな~  
  


byみまち

コメント: 1

もりりん 2008年8月18日 09:12

音更コープ会の皆さんお疲れ瑳でしたup
手作りうどんはおいしそうでしたね。八方だしは私も愛用しています。やはり、手作りはいいですねcancer

コメントフォーム

誹謗中傷や悪意のある書き込み、営利目的などのコメントを防ぐために投稿された全てのコメントは一時的に保留されます。また、コメントの投稿について、詳しくは「ブログの使い方」ページをご覧ください。

Insert Emoddy tag

トラックバック: 0

この記事のトラックバックURL
http://blog.todock.com/mt/mt-tb.cgi/11549
この記事へのトラックバック一覧
手作りうどん from みんなのぶろぐ

ホーム > 帯広 > | 食の安全 > 手作りうどん

ブログ内検索
お気に入り・フィード購読
個別バナー
ページ一覧
QRコード
携帯でもみんなのぶろぐ
http://blog.todock.com/mt4i/minalog/
HELPバナー
共通バナー
Google アドセンス

ページの上部へ