生活協同組合コープさっぽろで、安心生活はじめましょう。

ホーム > 学習会 > | 旭川 > 牛乳学習会

牛乳学習会

旭川地区委員会フータンです。

4月の旭川エリアリーダー会で、よつ葉乳業の方から、牛乳について
教えていただきました。

1_3

*北海道が「酪農王国」といわれる理由

 酪農に適した気候であること。

 白黒模様の乳牛ホルスタインtaurusは、暑さに弱く、涼しいところが
 好きな牛なんだそうです。

 また、米や野菜作りに向いていない寒い地域でも、酪農ならできる。

 その結果、全国の40%の牛乳を生産しているそうです。

*生乳(せいにゅう)=お乳

 メスの牛が妊娠出産しないと、お乳は出ません。

 生まれてから3年経って初めてお乳が出せる大人になるそうです。

 ホルスタインのメスは1日30kg、1年で1トンのお乳を出すそうです。

*牛乳になるには

1.生乳と異物の比重の違いを利用して不純物を取り除くために、
 遠心分離機にかけます。

2.生乳に含まれる脂肪球を小さくして、全体に均質化するように
 ホモジナイズドします(しないものがノンホモ牛乳)。

3.殺菌します。

 殺菌の温度や時間によりUHT、HTST、LTLTと分かれるそうです。

 (トドックでおなじみのHTST牛乳は、72℃15秒間という低温殺菌のため、
  自宅まで届けられ、その日にちもはっきりしている宅配でしか取り扱われ
  ないそうです。)

2_4

*色々な種類の牛乳が出回っていますが、種類別名称で『牛乳」と表示できるのは、
 生乳100%、乳脂肪分3.0%以上、無脂乳固形分8.0%以上の製品のみです。

3_3

他には

☆成分調整牛乳-生乳から乳脂肪分や水分など乳成分の一部を除去したもの。

4_3

☆低脂肪牛乳-成分調整牛乳であって、乳脂肪分0.5%以上1.5%以下で除去したもの。

☆無脂肪牛乳-成分調整牛乳であって、ほとんどすべての乳脂肪分を除去したもの。

☆加工乳-原料乳のほかにバターや粉ミルク、クリームのような乳製品を材料として加え製造したもの

5_4

☆乳飲料-牛乳成分以外の材料も使用して製造したもの。ミルクコーヒーなど思いつく方が多いと思いますが、カルシウムなど栄養強化されたものもあります。

全部牛乳だと思っていたのですが、消費者のニーズにこたえられるよう、種類もいろいろあって、厚生労働省の法律でいろいろ細かくきまりがあることがわかりました。

6_3

リーダーさんたちは、9種類の牛乳を試飲して、それぞれの味の違いを確認しました。

みんな五感を働かせて真剣に味わっています。

その後、あさりのチャウダー、カレー風味のミルクご飯、
手作りなめらかプリンと牛乳を使った料理で昼食をとりました。

コメント: 0

コメントフォーム

誹謗中傷や悪意のある書き込み、営利目的などのコメントを防ぐために投稿された全てのコメントは一時的に保留されます。また、コメントの投稿について、詳しくは「ブログの使い方」ページをご覧ください。

Insert Emoddy tag

トラックバック: 0

この記事のトラックバックURL
http://blog.todock.com/mt/mt-tb.cgi/11146
この記事へのトラックバック一覧
牛乳学習会 from みんなのぶろぐ

ホーム > 学習会 > | 旭川 > 牛乳学習会

ブログ内検索
お気に入り・フィード購読
個別バナー
ページ一覧
QRコード
携帯でもみんなのぶろぐ
http://blog.todock.com/mt4i/minalog/
HELPバナー
共通バナー
Google アドセンス

ページの上部へ