生活協同組合コープさっぽろで、安心生活はじめましょう。

ホーム > 旭川 > | 食の安全 > 小麦がいっぱい

小麦がいっぱい

セキです。
2月28日(木)旭川グランドホテルで行なわれた生産者、加工業者、流通関係、
行政、消費者が集まって開かれた平成19年度上川管内産小麦粉活用試食懇談会に
コープさっぽろ組合員が9名参加させていただきました。   

Photo_2

上川管内産小麦粉を使った麺やパン、お菓子などを商品化して販売していき、
あわせて地元の小麦粉「地粉」の地産地消を勧めようという取組みです。
私達は約30品目もある上川産小麦を原料とする食品を、作った方に
特徴等質問しながら試食して一つ一つ味や食感、見た目、購買する気があるかなど
アンケートに答えました。
岡本旭川地区委員長が消費者を代表して感想を述べました。

Photo_5

約100名の参加者があり、上川支庁産業振興部長 小林様の挨拶で始まりました。
会場の壁際にはずらーっと加工業者の皆さんとホテルのスタッフの方々が並びます。

Photo_6

Photo_8

恥ずかしながら製粉前の小麦は初めて見ました。お米の様に小麦粉でも品種や
産地でこんなに種類が!!

Photo_9

美瑛産春よ恋100%の生パスタはミートソースでいただきました。
麺類は富良野産小麦使用生ラーメン、中富良野産有機栽培ホクシンを使った
有機釜揚げうどん、下川産ハルユタカの手延べそうめんなど興味深いものが
そのほかにも、

Photo_10

パン向きの新しい品種はるきらりでつくったパンを初めて試食しました。
ハルユタカとの食べ比べや、同じパンをイーストを使ったもの天然酵母を使ったもので
食べ比べてみるという貴重な体験をすることができました。

Photo_11

生まれて初めて食べる小麦酢は味は米酢に似ています。
発酵食品の権威小泉教授と開発されているそうです。

Photo_12 Photo_13

お菓子にはもう商品化されている物もあり私達主婦には安定した人気がありました。

Photo_15

かりんとうが小麦粉原料のお菓子って知っていましたか。
小麦の産地が違えば味も違うのかという難しい食べ比べでした。
時間の関係で全部の試食はできませんでしたが、生産者の方の他にデパートの
バイヤーさんなど流通関係の方々の感想も聞けとても良い経験をさせてもらいました。
自分も地粉でホットケーキでも作りたくなりました。

コメント: 0

コメントフォーム

誹謗中傷や悪意のある書き込み、営利目的などのコメントを防ぐために投稿された全てのコメントは一時的に保留されます。また、コメントの投稿について、詳しくは「ブログの使い方」ページをご覧ください。

Insert Emoddy tag

トラックバック: 0

この記事のトラックバックURL
http://blog.todock.com/mt/mt-tb.cgi/10954
この記事へのトラックバック一覧
小麦がいっぱい from みんなのぶろぐ

ホーム > 旭川 > | 食の安全 > 小麦がいっぱい

ブログ内検索
お気に入り・フィード購読
個別バナー
ページ一覧
QRコード
携帯でもみんなのぶろぐ
http://blog.todock.com/mt4i/minalog/
HELPバナー
共通バナー
Google アドセンス

ページの上部へ