生活協同組合コープさっぽろで、安心生活はじめましょう。

ホーム > 旭川 > | 食の安全 > 農業賞フォーラムin上川

農業賞フォーラムin上川

2月7日旭川藤田観光ワシントンホテル2階で

応援しようsign01北海道の生産者&北海道農業
コープさっぽろ農業賞フォーラムin上川 食べるたいせつ広げましょうsign01

を開催しました。

   Photo_10

参加者は85名

お知らせに伺った旭川市役所、保健所、農政事務所、上川支庁の方々や
新聞記事を載せてもらったおかげで、コープさっぽろの組合員でない(かもしれない)方も参加した初めての催しになりました。

プログラム
「コープさっぽろの農業賞とは」 太田原会長理事のお話

今年度で4回目となる農業賞が道内で頑張っている生産者さんを
消費者の立場から応援しようという目的で始まったという経緯について説明し
旭川地区で今まで受賞された10組の生産者を紹介してくれました。

   Photo_11

パネルディスカッション
コーディネーター 太田原会長理事
パネリスト     福山 憲昭さん(第3回特別賞受賞 グループ’84代表)
           金盛 勇松さん(第4回特別賞受賞 東川町稲作研究会会長)
           河野 勉さん(上川支庁 産業振興部 農政課 主幹)
           関川 なぎさん(消費者)

福山さんのお話
グループ’84は旭川周辺で有機栽培に取り組む4件の農家の集まりです。
私は当麻町で約30種類の野菜を有機栽培しており今年のグループ代表です。
有機と認められるためには、たくさんの細かな記録が必要です。
また、日本の有機農業は循環型農業を言い切れない部分があります。

金盛さんのお話
東川稲作研究会では会員300名全員で安全でおいしいお米作りに取り組んでいます。
イエスクリーン、特別栽培などこれから全員のレベルが上がっていくことが目標です。
また、東川町は旭岳からのミネラル豊富な地下水があり、この水でおいしい
お米ができるのですが、この水を汚さないという循環保全のため19年から
種籾温湯消毒処理施設を導入しました。

河野さんのお話
日本の食糧自給率が39%になった今、日豪EPA交渉によっては北海道で
1兆3716億円、上川支庁で374億円の損失があると試算されています。

関川さんのお話
東川お米探検隊など、コープさっぽろ組合員が生産者と産地交流することによって
食について学んでいることを紹介し、消費者から地産地消を広げたい。
   

Photo_12

参加した方からも今後も続けて開催して欲しい。
食べるたいせつを改めて深く認識しました。コープさっぽろの多くの方の思い
努力、期待によって成り立っているのがわかりました。などの感想をいただきました。

地元で頑張っている生産者さんが作る安全で美味しい物を食べて
自分たちの健康と北海道の農業を守りたいですねsign01

   

日豪EPAについてhttp://www.coop-minalog.jp/2008/02/post_1960.html

グループ’84 http://www.g84.jp/

東川稲作研究会 http://www.coop-kakasi.jp/2007/08/post_a774.html

コープさっぽろ農業賞 http://www7a.biglobe.ne.jp/%7Enougyosho/

函館地区のフォーラム http://www.coop-minalog.jp/2007/12/post_758d.html

札幌フォーラム http://www.coop-minalog.jp/2008/02/post_522b.html

コメント: 0

コメントフォーム

誹謗中傷や悪意のある書き込み、営利目的などのコメントを防ぐために投稿された全てのコメントは一時的に保留されます。また、コメントの投稿について、詳しくは「ブログの使い方」ページをご覧ください。

Insert Emoddy tag

トラックバック: 0

この記事のトラックバックURL
http://blog.todock.com/mt/mt-tb.cgi/10946
この記事へのトラックバック一覧
農業賞フォーラムin上川 from みんなのぶろぐ

ホーム > 旭川 > | 食の安全 > 農業賞フォーラムin上川

ブログ内検索
お気に入り・フィード購読
個別バナー
ページ一覧
QRコード
携帯でもみんなのぶろぐ
http://blog.todock.com/mt4i/minalog/
HELPバナー
共通バナー
Google アドセンス

ページの上部へ