生活協同組合コープさっぽろで、安心生活はじめましょう。

ホーム > 学習会 > | 釧路 > | 食の安全 > みちのく鶏の学習会報告

みちのく鶏の学習会報告

昨年、釧路地区の美奈子さんが青森にある第一ブロイラーを尋ねました。

その美奈子さんが釧路地区で「みちのく鶏産地見学報告会」を開きました。

2

青森八戸にある第一ブロイラー。飼育している鶏の種類は、
英国原産のチャンキー種とコッブ種です。
種鶏(ひなを産む親鶏)は、指定農場で飼育され、そこから産まれた卵を
ふ化場で、約21日でふ化させ、飼育農場に運ばれます。

種鶏から農場まで指定農場で飼育することによって、疫病対策が進み
48日から55日間の飼育全期間を、薬を全く使わないで飼育することが
可能になったそうですflair

そして、頚動脈を切り血抜きを行う「屠鳥(とちょう)」をしてから
自動機械で内臓を摘出し、約10分の解体ラインで
モモ・ムネ・ ササミ・手羽元・手羽先などの部位に分けられ、2kgの袋に詰めて
包装され、製品を冷却いた後、12kg入れの箱に梱包されます。

Sany0013

ここまでの時間はわずか70分だそうですsign01

施設は厳しく管理されていて、車両の消毒から始まり、処理場の入り口には
厚いビニールのカーテン、また中では従業員が使うゴム手袋や包丁に
番号をつけて管理し、手袋や器具を洗浄・消毒するなど徹底していましたflair

非遺伝子組換え、収穫後無農薬とうもろこしの飼育で育てているので
臭みがなく、抗生物質・合成抗菌剤を使用していないので安心ですsign01

Sany0001_2

そして環境問題にも取り組んでいて、鶏糞処理場を導入し「廃棄物ゼロ」運動と
いうことで、鶏糞は処理工場にて醗酵・炭化処理をして農地循環などを
しているそうです。

実際に見聞きすることができて本当に良かったです。

美奈子さんの産地見学報告会でした。

このあと、みちのく鶏モモ肉を使って水炊きをしてコープのゆずこしょうぽん酢で
美味しくいただきました。happy01

コメント: 0

コメントフォーム

誹謗中傷や悪意のある書き込み、営利目的などのコメントを防ぐために投稿された全てのコメントは一時的に保留されます。また、コメントの投稿について、詳しくは「ブログの使い方」ページをご覧ください。

Insert Emoddy tag

トラックバック: 0

この記事のトラックバックURL
http://blog.todock.com/mt/mt-tb.cgi/10927
この記事へのトラックバック一覧
みちのく鶏の学習会報告 from みんなのぶろぐ

ホーム > 学習会 > | 釧路 > | 食の安全 > みちのく鶏の学習会報告

ブログ内検索
お気に入り・フィード購読
個別バナー
ページ一覧
QRコード
携帯でもみんなのぶろぐ
http://blog.todock.com/mt4i/minalog/
HELPバナー
共通バナー
Google アドセンス

ページの上部へ