生活協同組合コープさっぽろで、安心生活はじめましょう。

ホーム > 札幌西 > | 食の安全 > 和寒越冬キャベツの学習会

和寒越冬キャベツの学習会

しばっちです。
先週コープ会リーダーさんの会議で「JA北ひびき 雪の下キャベツ学習会」が
あるというので参加しました。

わざわざ和寒から生産者さんが来てくれての学習会です。

Photo_6 Photo_5

企画した西地区のよしのさんは
「今時期しか食べられない、ここでやらないと1年またなきゃいけない!」
広くみなさんに知ってほしいとの思いがありました。

学習会ではNHKで放送されたビデオを見ました。

Photo_8

和寒は出稼ぎが多い町で、夏場の収穫が終わると都会に出稼ぎに出ていました。
出稼ぎにでると3ヶ月は家族とバラバラになっての生活。
なんとか家族一緒に生活できないものかと思っていたそうです。

~雪の下キャベツができたのはなんと偶然だった!~
キャベツの価格が大暴落した年にキャベツをそのまま畑に放置し冬を越した、
雪の下からでてきたキャベツが凍結することもなく、そのままの鮮度だったそうです。
越冬キャベツができないかということでグループを作り研究し10年かかって
今の雪の下キャベツになったそうです。

キャベツは「ビタミンU」が豊富で、胃の面膜にいいとのことキャベジンと同じ。。
あ~それでキャベジンていうんだな~なんて思い聞いてました(^^)

寒さに対して、キャベツは身を守ろうとするので糖度が上がり
貯蔵すればするほどビタミンも増え胃にやさしい~

いいことばかりじゃないですか!

ビデオの中で生産者さんが、この雪の下キャベツのおかげで出稼ぎもなくなり
家族で一緒に過ごせるようになったとの話に、いい話だな~って思いました。。。

感動…(:∩;*)ホロッ

よしのさんは昨年そのビデオを見て感動し、みんなに知ってほしい、
広めたいと思ったそうです。。。。。。。。見た私も同感。。。。。

キャベツは内側の方が栄養価が高いそうで、キャベツの茎部分まで
しっかり調理して食べるといいそうです。↓

U U_2

芯の部分が甘い、芯は捨てずに食べましょう!

ということで、頂いたキャベツを茹でて、みんなで試食しました。

Photo_9 Photo_12

雪の下キャベツはサワー系の品種
火をかける方が甘みがまして美味しいと聞いたので、
そのままボイルしたものとポトフ、そして生のキャベツを用意して食べてみました。
Photo_7 Photo_10

雪の下キャベツは3月頃までしか買えないキャベツ

参加したリーダーさんからも、カタログに出ていても食べたことがないと
手がだしにくい、今日はいい機会だった。との感想ももらい、よしのさんの思いが
みなさんに伝わったな~と感じました。

組合員活動に参加している組合員さんたちは、自分が知ったこと、感動したことを
ひとりでも多くの人達にも知ってほしいと思って生産者さんの訪問や学習などを
企画しています。
学習会などの参加者募集は「参加者募集」または「ぶいよん」を見てね~

学習会を受けて、私も家に帰ってから宅配(トドック)で買った
雪の下キャベツを煮込んで食べました ( ̄∇ ̄*)ゞエヘヘ

コメント: 0

コメントフォーム

誹謗中傷や悪意のある書き込み、営利目的などのコメントを防ぐために投稿された全てのコメントは一時的に保留されます。また、コメントの投稿について、詳しくは「ブログの使い方」ページをご覧ください。

Insert Emoddy tag

トラックバック: 0

この記事のトラックバックURL
http://blog.todock.com/mt/mt-tb.cgi/10889
この記事へのトラックバック一覧
和寒越冬キャベツの学習会 from みんなのぶろぐ

ホーム > 札幌西 > | 食の安全 > 和寒越冬キャベツの学習会

ブログ内検索
お気に入り・フィード購読
個別バナー
ページ一覧
QRコード
携帯でもみんなのぶろぐ
http://blog.todock.com/mt4i/minalog/
HELPバナー
共通バナー
Google アドセンス

ページの上部へ