生活協同組合コープさっぽろで、安心生活はじめましょう。

ホーム > 産地・工場見学 > | 食の安全 > たんかんは世界遺産の島「屋久島」!

たんかんは世界遺産の島「屋久島」!

12月5日から屋久島行きました!しばっちです(^^)V

Photo_2

屋久島・・・世界遺産の屋久島ですよ~

何をしに来たかというと、宅配トドックで取り扱っている
「屋久島たんかん」の生産者さんと交流しにきたんです。

観光じゃないんですよ~

ちょうどいいタイミングでJALの広報誌に屋久島が特集になっていて
「縄文杉」のことが載っていたので、飛行機の中でちょっとした学習になりました。

縄文杉まで5時間もかかるんですね。。。
JALに乗ったら読んでみたらいいですよ

Photo_3 ←これは紀元杉

話はそれましたが、「たんかん」です。

2月から3月頃に宅配で紹介される「屋久島たんかん」

でも今現在は「屋久島ぽんかん」の収穫真っ最中でした。

屋久島の生産者さんは12月~1月は「ぽんかん」
2月~3月は「たんかん」を収穫します。

「ぽんかん」は大正13年に台湾から苗木を導入したのが始まりで
その当時の原木は大切に今でも育てられています。

「たんかん」は【みかん】と【スィートオレンジ】の自然交雑といわれ
中国広東省が原産といわれています。

「たんかん」の特徴は手で皮をむけるオレンジ!
内皮も薄く種も少ないので食べやすく、糖度も11度以上と高いのが魅力です。

屋久島は山岳の島。南国なのに山頂には雪も降るそうです。

Photo_13 

その寒暖の差が糖度の高い美味しい「ぽんかん」「たんかん」を作っているのです。

1年間かけじっくりと生育させ、台風や気候と闘いながら大切に育てて
いることが、お話を聞いていてもよくわかります。

Photo_2

今回参加した組合員さん3名も真剣に生産者さんのお話を聞いていました。

1世帯あたり400~500本の木を栽培しているそうです。

Photo_4

来年、収穫を迎える「たんかん」です。まだ青いけど来年の2月頃には

トドックで「屋久島たんかん」が届きます。

屋久島の選果場にも行ってきました。

今は「ぽんかん」の出荷です。

Photo_6

生産者さんが収穫した「ぽんかん」は、この選果場に集められ
JA屋久島の規定の検査を受けます。

光センサーで糖度をチェックし、玉の大きさもサイズごとに分けられ
基準にあったものだけを出荷しているので「屋久島ブランド」が守られているのです。

Photo_5

世界遺産「屋久島」、縄文杉は見れませんでしたが、屋久島の良さを

たっぷりと知ることができました。

余談ですが、屋久島で見つけました!"(*゚v゚*)!!

 Photo_7

 国産バナナ↑ 日本でもバナナができるんだ~

Photo_8 Photo_9

 ↑↑海なのに温泉!海中温泉、本当に温泉でした!

 Photo_10

 ↑↑屋久島の方々のイチオシ!焼酎「三岳」

Photo_11 ふつう~に道路にいました!

屋久島には猿と鹿が2万いるとか。。

人口は1万人なので猿と鹿の方が多いそうです。

コメント: 0

コメントフォーム

誹謗中傷や悪意のある書き込み、営利目的などのコメントを防ぐために投稿された全てのコメントは一時的に保留されます。また、コメントの投稿について、詳しくは「ブログの使い方」ページをご覧ください。

Insert Emoddy tag

トラックバック: 0

この記事のトラックバックURL
http://blog.todock.com/mt/mt-tb.cgi/10828
この記事へのトラックバック一覧
たんかんは世界遺産の島「屋久島」! from みんなのぶろぐ

ホーム > 産地・工場見学 > | 食の安全 > たんかんは世界遺産の島「屋久島」!

ブログ内検索
お気に入り・フィード購読
個別バナー
ページ一覧
QRコード
携帯でもみんなのぶろぐ
http://blog.todock.com/mt4i/minalog/
HELPバナー
共通バナー
Google アドセンス

ページの上部へ