生活協同組合コープさっぽろで、安心生活はじめましょう。

ホーム > 札幌西 > | 産地・工場見学 > | 食の安全 > 鮭だけさ工場視察 札幌西地区報告

鮭だけさ工場視察 札幌西地区報告

11月7日、石狩の東明水産㈱に新商品『鮭だけさ』の視察に
西地区のエリア委員4名が参加しました。
Photo_21
当初は加工料の安いタイで予定されていましたが、
安全面から地元加工に変更になりました。
築4年の水産工場ですが、全く生臭さはなく、掃除の行き届いた清潔な工場でした。
最新のU字スリットの排水溝も設置されていました。

斜里中心のオホーツク海で獲れた3キロ以上のオス鮭のみが原料となります。
三枚卸し・背骨除去・皮はぎは外国産の最新機を使用し、
見事に下処理されていきます。
トンネルフリーザーという全長15メートル、マイナス35度の凍結機で14分かけて 
マイナス14度にします。
この冷凍法によりドリップが出ないそうです。
その後背と腹に分割され、背のみ煤煙機に2分間表面のみ解凍し、
更に手作業のバーナーで焼きを入れます。
風味付けと臭み取りに本みりんをスプレー噴射して、たたきが完成します。

最新の設備でしたが、機械のみに頼ることなく最終確認は人の手にによるものでした。
工場内も18度以下に設定され、微生物検査室も現場に設置、洗浄室も1箇所に集約されていました。                  

日常、原料はもちろん工場内全てをしっかり管理・監視・維持することで
金属異物クレームはゼロという自信から、金属探知機はあくまでも
補佐的と考えているそうです。

そのような会社の姿勢から『食品メーカー』としての自覚と責任を強く感じました。
鮭だけさを試食しましたが、臭みも無く、かつおのたたきよりも食感も良く、
炙りの表面は香ばしく中は半生状態で美味しかったです。
腹の部分から作ったヅケもまた違った美味しさでした。

地産地消となる道内産の鮭を多くの組合員の皆さんに食べていただきたいと思います。年末・年始商品に是非加えて下さい。

Photo_23

中央が鮭だけさ→しょうがしょう油でどうぞ!
周りがヅケ→白しょう油で漬け込んでいます

コメント: 0

コメントフォーム

誹謗中傷や悪意のある書き込み、営利目的などのコメントを防ぐために投稿された全てのコメントは一時的に保留されます。また、コメントの投稿について、詳しくは「ブログの使い方」ページをご覧ください。

Insert Emoddy tag

トラックバック: 0

この記事のトラックバックURL
http://blog.todock.com/mt/mt-tb.cgi/10809
この記事へのトラックバック一覧
鮭だけさ工場視察 札幌西地区報告 from みんなのぶろぐ

ホーム > 札幌西 > | 産地・工場見学 > | 食の安全 > 鮭だけさ工場視察 札幌西地区報告

ブログ内検索
お気に入り・フィード購読
個別バナー
ページ一覧
QRコード
携帯でもみんなのぶろぐ
http://blog.todock.com/mt4i/minalog/
HELPバナー
共通バナー
Google アドセンス

ページの上部へ