生活協同組合コープさっぽろで、安心生活はじめましょう。

ホーム > おさるつれづれ日記 > 災害時に知っておくべき「お金」と「保険」 その4

災害時に知っておくべき「お金」と「保険」 その4

こんにちは、モンチッチです。

 

『災害時絶対知っておくべき「お金」と「保険」の知識』

(ダイヤモンド社発行)より

今回は、地震保険についてご紹介します。

リスクに保障で対応する.jpg 

地震のゆれが原因でストーブが倒れて火事になりました。

  火災保険から保険金がおりるでしょうか?

火災保険では保障されません。

  地震による損害は地震保険に加入することによって保障されます

  なお、地震保険単独では加入できません、火災保険とセットで加入
   します。

 

地震保険に入っていれば、地震による損害はすべてカバーできま
  すか?

地震保険の保険金額は火災保険の保険金額の30~50%の範囲
  
内と決められています。

  建物(居住用建物)は5000万円、家財は1000万円がそれぞれ上限
  になります。


家が完全に倒壊しました、この場合の保険金額は?

契約している地震保険金額100%が支払われます

  (たとえば、火災保険金額が2000万円、地震保険金額が1000万円

  を契約の場合、地震保険から1000万円が支払われます。)

  このケースを「全壊」といいます。半壊の場合は保険金額の50%、

  一部損の場合は保険金額の5%です。

  地震保険の損害区分は「全損・半損・一部損」の三段階になって

  います。

  それは、地震の損害は広範囲にまたがるため、スピーディーに

  保険金を支払うためです。


:地震保険は保険会社によって内容が違いますか?

:保険の内容や保険料は どの保険会社でも同じ です。

  「地震保険に関する法律」によって保険会社と政府がタッグ
  
を組んだ保険です。

  地震保険料は保険会社の必要経費を除いた全額が責任準備金として
  積み立てられ、
保険会社の利益はありません。


  * 火災保険に加入している場合、地震保険を契約してなくても、
     地震によって火災が発生した際には、「地震火災費用」が支払わ
     
れることがあります。支払われるのは火災保険金額の5%程度
           です。
ご加入の保険証券を確認してみましょう。


:地震保険の請求期限は?

:被災した日から3年以内です。

  また、保険証を紛失しても大丈夫です。補償は受けられます。


災害時に絶対に知っておくべきお金と保険 その5に続く・・・

 

 

  

 

ブログランキングへ参加しています。
↓↓もしよろしければ1クリックお願いします。
人気ブログランキングへ

コメント: 0

コメントフォーム

誹謗中傷や悪意のある書き込み、営利目的などのコメントを防ぐために投稿された全てのコメントは一時的に保留されます。また、コメントの投稿について、詳しくは「ブログの使い方」ページをご覧ください。

Insert Emoddy tag

トラックバック: 0

この記事のトラックバックURL
http://blog.todock.com/mt/mt-tb.cgi/33736
この記事へのトラックバック一覧
災害時に知っておくべき「お金」と「保険」 その4 from LPAおさるランド

ホーム > おさるつれづれ日記 > 災害時に知っておくべき「お金」と「保険」 その4

ブログ内検索
お気に入り・フィード購読
個別バナー
ページ一覧
QRコード
携帯でもLPAおさるランド
http://blog.todock.com/mt4i/lpa/
HELPバナー
共通バナー
Google アドセンス

ページの上部へ