生活協同組合コープさっぽろで、安心生活はじめましょう。

ホーム > おさるつれづれ日記 > 卑弥呼さんは何処に?

卑弥呼さんは何処に?

 こんにちは。

今日から仲間入りをしたNana です。

どうぞよろしくお願いします。

 

 先日、新聞で興味のある講演会を見つけました。
場所は札幌市中央図書館講堂。
主催が札幌市埋蔵文化財センター。入場無料。
そのテーマとは...

            「邪馬台国は畿内にあったか」

                       090318_0850~01.jpg    

 邪馬台国のお話です。
中国の書物には記載されていますが、日本国内では記録のない時代。
邪馬台国は「九州説」と「大和説」があり、まだ決定的な証拠はありませんよね。

 会場は時間になるとほぼ満席状態。そして思ったとおり(?)9割以上は中高年の男性でした。
なぜか昔から歴史にロマンを感じるのは男性が多い? 

 講師は関西から来て下さった 水野 正好氏 と 橋本 輝彦氏
お2人とも「大和説」ですが、候補地は異なります。
 

 橋本氏は「畿内説」の有力候補地の1つ纏向遺跡(まきむく)発掘調査の紹介をしてくれました。
出土する土器の特徴や農耕具などの調査を土台にして、当時の生活等の仮説を立てていく...
すごい学問ですね。

水野氏は70歳を超えているのですが、考古学の話がこんなに面白く話せるというのは驚きでした。壇上を動く、身振りが大きい、最近の話題をサラリと入れる。話に引き込まれます。

 LPAは、社会保障、保険、年金、税金などの硬いテーマを学習会、講座、講演などでお話する機会があります
わかりやすく、楽しくというのはモットーですが日々の努力が大切。
講演会に行くと、内容ももちろんですが、参考になることを見つける楽しみも増えました。


3月7日は雪の降る中、行って良かったicon:face_smile                                      

ブログランキングへ参加しています。
↓↓もしよろしければ1クリックお願いします。
人気ブログランキングへ

関連した記事

コメント: 2

ならぼんち 2009年3月19日 17:34

ただいま、引越しの真っ最中。もうすぐネットも使えなくなります。
こちら、今日までのセンターです。
 片付け終わって、ネットを切る前に癒されたくてのぞいてみました。
邪馬台国は歴史ロマンの王道ですね。
ならぼんちはもちろん大和派ですが、この話は聞いてみたいです。
明日香村?どこなんでしょ・・・
 私の実家の近くの黒塚公園(天理)から卑弥呼の鏡?が出てきて大騒ぎになったのを思い出しました。
奈良もきてくださいね。

Nana 2009年3月24日 18:43

ならぼんちさん、コメントありがとうございます。
 纏向遺跡は奈良県桜井市にあります。
卑弥呼の墓との説がある箸墓古墳もあるところですね。
 ちょうど今月の20日に発掘の新しい発表がありました。
3世紀前半、これほど計画的に造られた建物跡の確認例はないそうです。
卑弥呼の宮殿が見つかるかも?                     
これからの発掘調査が楽しみです!
 では、これからも「おさるランド」をよろしくお願いします。

コメントフォーム

誹謗中傷や悪意のある書き込み、営利目的などのコメントを防ぐために投稿された全てのコメントは一時的に保留されます。また、コメントの投稿について、詳しくは「ブログの使い方」ページをご覧ください。

Insert Emoddy tag

トラックバック: 0

この記事のトラックバックURL
http://blog.todock.com/mt/mt-tb.cgi/24646
この記事へのトラックバック一覧
卑弥呼さんは何処に? from LPAおさるランド

ホーム > おさるつれづれ日記 > 卑弥呼さんは何処に?

ブログ内検索
お気に入り・フィード購読
個別バナー
ページ一覧
QRコード
携帯でもLPAおさるランド
http://blog.todock.com/mt4i/lpa/
HELPバナー
共通バナー
Google アドセンス

ページの上部へ