生活協同組合コープさっぽろで、安心生活はじめましょう。

ホーム > おさるつれづれ日記 > 倹約の大家・上杉鷹山(うえすぎようざん)

倹約の大家・上杉鷹山(うえすぎようざん)

こんにちは、三日月姫です。

ちょっと前のことですが、新聞で法政大学の田中優子教授が、
「この経済危機の景気浮揚策としてお金を沢山使うことを考える
今の政治はおかしい。 家計と同じように、まず倹約する
ことが大事ではないか?」
と書いていました。
       
倹約とは、未来を見通し、今の無駄をなくして合理的にくらすことだ
そうです。
           
それを実践した好例として、江戸時代の上杉鷹山のことを紹介
していたのです。

IMGP0161.JPG
      
私も「なるほど!」と思い、上杉鷹山について調べてみました。

上杉鷹山は米沢藩(今の山形県東南部)9代目の藩主で,
藩の窮乏を救うことに成功して、名君中の名君といわれました。
          
上杉氏は関ヶ原の戦いで徳川家康に敵対したため、
上杉景勝(米沢藩の初代藩主)は120万石から、最終的には15万石に
減封され、居城を会津から米沢に移させられます。
         
家臣の数はほぼ120万石の頃のままでしたので、人件費だけでも
大きな負担でした。
              
米沢藩は長い間、財政難に苦しめられ、民衆も困窮していたのです。
                
  IMGP0163.JPG
           
鷹山
は、倹約を実践し破綻寸前の藩財政を立ち直らせたばかりでなく、
藩政改革にも取り組んで、藩を繁栄に導きました。
     
J・Fケネディビル・クリントンが、日本の政治家の中で一番
尊敬している人物として上杉鷹山をあげ、話題になった事も
あるそうです。
     
経済危機の日本にとっても、学ぶべき点が多い方だと思いました。
         
景気対策として国のお金を注ぎこむより、歳出を減らすことが重要
ではないのでしょうか?
          
政治家にも上杉鷹山に学んでほしいところです。(とりあえず私も
もっと倹約につとめたいと思います。)
                  

「なせばなる なさねば成らぬ 何事も 成らぬは人の なさぬなりけり」
          
これも、
上杉鷹山
の残した言葉です。

ブログランキングへ参加しています。
↓↓もしよろしければ1クリックお願いします。
人気ブログランキングへ

コメント: 0

コメントフォーム

誹謗中傷や悪意のある書き込み、営利目的などのコメントを防ぐために投稿された全てのコメントは一時的に保留されます。また、コメントの投稿について、詳しくは「ブログの使い方」ページをご覧ください。

Insert Emoddy tag

トラックバック: 0

この記事のトラックバックURL
http://blog.todock.com/mt/mt-tb.cgi/24588
この記事へのトラックバック一覧
倹約の大家・上杉鷹山(うえすぎようざん) from LPAおさるランド

ホーム > おさるつれづれ日記 > 倹約の大家・上杉鷹山(うえすぎようざん)

ブログ内検索
お気に入り・フィード購読
個別バナー
ページ一覧
QRコード
携帯でもLPAおさるランド
http://blog.todock.com/mt4i/lpa/
HELPバナー
共通バナー
Google アドセンス

ページの上部へ