生活協同組合コープさっぽろで、安心生活はじめましょう。

ホーム > おさるつれづれ日記 > ダンボールで生ゴミを堆肥に変えよう!Part2

ダンボールで生ゴミを堆肥に変えよう!Part2

こんにちは、モンチッチです。

既に生ゴミを堆肥にされていらっしゃるご家庭もいらっしゃいますよね。happy01

我が家の近所でもコンポスターを使っているお家が何軒もあるので前から興味がありました。

電動(乾燥型・バイオ型)式は本体価格が高いですし、密閉容器式は匂いがきつそうです。coldsweats01

ダンボールならあまり費用もかからず簡単そう!と思い講座に参加してみたのです。

では、ダンボールで堆肥づくりの実践編です。

準備するもの・・・

ダンボール箱(みかん箱が最適)2個(コープさっぽろのお店でもらってきましょう。)

木片4個・・・ (箱をべた置きするとダンボールの底に水滴がつくので箱の底を浮かすため)

ピートモス15Lもみがらくん炭10L・・・(ホームセンターで販売されている)

シャベルや木べら(かくはん用)

 

IMG_1092_1.JPG        

 ダンボールにピートモスともみがらくん炭を入れたところです。

clip1.ダンボールの底がぬけないように米袋などをひき、その上にダンボールをもう一枚ひく。

clip2.内側の四隅に紙のタイプのガムテープで補強する。

clip3.ふたをたちあげ高くし、紙のガムテープで表裏内側をガムテープで貼る。

clip4.同じダンボールでふたを作る。(虫除け・匂い防止)

clip5.ダンボールにピーとモスともみがらくん炭をダンボールの半分ぐらい入れる

  (コップに2~3杯の水を入れる)

clip6.生ゴミを入れる(生ゴミはなるべく小さくしてから、野菜を中心に茶殻・卵の殻、魚の骨など)

clip7.1日1回よく混ぜる(1~2週間でダンボール内の温度が30度くらいになる)

clip8.毎日生ゴミを入れて3~4ヶ月は処理できる。

clip9.分解するダンボール内の基材の最適温度は25~40度(10度ぐらいでもゆっくり分解する)

  温度をあげるためには、米ぬかをまぶすとよい(入れすぎると臭う)

clip10.設置場所は台所、洗面所、脱衣所など室温が20度以上のところに設置する。

clip11.3~4か月たち分解が遅くなったら終了

clip12.さらに熟成させて(時々ませる)二ヶ月ほどで土にかえす。

 

以上がおおまかな流れです。

ポイントは

なるべく新鮮なゴミを入れる、腐敗したものは入れない、なるべく細かくして入れる、魚・肉などは火を通したものを入れる・・などです。

札幌市清田区民センターには実際にダンボールが設置してありました。ふたを開けて見てみましたが臭いも気になりませんでした。eye

ご興味あるかたは循環(くるくる)ネットワーク北海道のホームページでも紹介していますのでご覧になってみてくださいね。

また、札幌市のちえりあ(札幌市生涯学習センター)、リサイクルプラザなどでダンボールキットを200円でお分けしているそうです。(ただし今年度分は終了しています・・・)

さて、モンチッチは根気がないので毎日ダンボールの中味をかくはんできるか自信なく、まだやっておりません。coldsweats01 

実践したあかつきには、またレポートさせていただきますね。

 

IMG_1088_1.JPG 

 講習会当日のパネルです。

 

ブログランキングへ参加しています。
↓↓もしよろしければ1クリックお願いします。
人気ブログランキングへ

コメント: 0

コメントフォーム

誹謗中傷や悪意のある書き込み、営利目的などのコメントを防ぐために投稿された全てのコメントは一時的に保留されます。また、コメントの投稿について、詳しくは「ブログの使い方」ページをご覧ください。

Insert Emoddy tag

トラックバック: 0

この記事のトラックバックURL
http://blog.todock.com/mt/mt-tb.cgi/23511
この記事へのトラックバック一覧
ダンボールで生ゴミを堆肥に変えよう!Part2 from LPAおさるランド

ホーム > おさるつれづれ日記 > ダンボールで生ゴミを堆肥に変えよう!Part2

ブログ内検索
お気に入り・フィード購読
個別バナー
ページ一覧
QRコード
携帯でもLPAおさるランド
http://blog.todock.com/mt4i/lpa/
HELPバナー
共通バナー
Google アドセンス

ページの上部へ