生活協同組合コープさっぽろで、安心生活はじめましょう。

ホーム > おさるつれづれ日記 > P.S.アイラヴユー

P.S.アイラヴユー

こんにちは、三日月姫です。
         
先日、久しぶりに純愛映画を見ました。
            
映画『P.S.アイラヴユー』は、主人公が愛する夫を
失った悲しみから、立ち上がり再出発するまでの物語。

夫ジェリーを脳腫瘍で亡くし、引きこもるホリーのもとに、
死んだはずのジェリーから、ある日、突然ラヴレターが届く
のです。
       
その後も、ホリーが、新しい道を歩き始めるまで、
10通の手紙が...。
           
手紙の最後には、必ず、P.S.アイラヴユー。

DSCF1848.JPG暗いばかりではなく、笑いもありステキな歌も楽しめる作品でした。
               
          
大切な家族と別れてしまう悲しみの重さは、計り知れない
ものです。
         
若くて愛が深い場合には、なおさら~誰かと共に歳を重ねて、
いっしょに老いていけることは幸せなことだ
~という映画の
中の言葉に胸を打たれました。

DSCF1849.JPGニューヨークが舞台でしたが、ホリーが親友と訪れるジェリーの
故郷アイルランドの景色もきれいで、タメイキが出るほど。
        
ヒロインのホリーには、『ミリオンダラーベイビー』の
ヒラリー・スワンク。
  DSCF1847.JPG        
夫には、『オペラ座の怪人』の怪人役だったジェラルド・バトラー。
         
彼女のお母さん役には、『ミザリー』の、キャシー・ベイツ
と豪華な顔ぶれ。
          
お母さんが、夫を亡くした娘を励ますシーンで、
「一人ぼっちでもあるきだすのよ。忘れないで、
独りなのはあなだだけじゃない。そう思うと救われる」
と言うセリフが印象的でした。

DSCF1850.JPG手紙という古風な手段で、死んだあとも愛のメッセージを送る
・・・夢のような夫!!
           
映画は、現実にはありえない世界に浸れるものですが、
何故か母親目線で見てしまうのが、私の悲しいところでした。

ブログランキングへ参加しています。
↓↓もしよろしければ1クリックお願いします。
人気ブログランキングへ

コメント: 2

みま 2008年10月28日 05:36

おはようございます。
この映画見たいです。なんだか早く観に行きたくなりました。タオル持って行った方がいいですか?(*^_^*)へへへ

三日月姫 2008年10月28日 17:46

みまさま、はじめまして!コメントありがとうございました。「P.S.アイラブユー」はロマンテイックなだけでなく、いろいろ考えさせられるイイ映画でした。泣きじょうごの方ならタオルを持って、ぜひ見ていただきたいです。館内は、すすり泣きの嵐でした!これからも、よろしくお願いいたします。

コメントフォーム

誹謗中傷や悪意のある書き込み、営利目的などのコメントを防ぐために投稿された全てのコメントは一時的に保留されます。また、コメントの投稿について、詳しくは「ブログの使い方」ページをご覧ください。

Insert Emoddy tag

トラックバック: 0

この記事のトラックバックURL
http://blog.todock.com/mt/mt-tb.cgi/20556
この記事へのトラックバック一覧
P.S.アイラヴユー from LPAおさるランド

ホーム > おさるつれづれ日記 > P.S.アイラヴユー

ブログ内検索
お気に入り・フィード購読
個別バナー
ページ一覧
QRコード
携帯でもLPAおさるランド
http://blog.todock.com/mt4i/lpa/
HELPバナー
共通バナー
Google アドセンス

ページの上部へ