生活協同組合コープさっぽろで、安心生活はじめましょう。

ホーム > おさるつれづれ日記 > 映画「ぐるりのこと。」

映画「ぐるりのこと。」

こんにちは、三日月姫です。
         
久しぶりに映画を見ました。

「ぐるりのこと。」は、どこにでもいるような夫婦の
10年間を描いた、イイ映画でした。
Dscf1367_3
見終わった後、余韻に浸って
「私も自分の周りの人達をもっと大切にしなければ…。」
と思ったほどです。
          
映画は、1993年~2002年までの…

生まれた子を亡くし、悲しみに沈み、それを乗り越えて
いく妻(木村多江)と、やさしく見守る法廷画家の夫
(リリーフランキー)の物語。
          
妻の家族、夫の同僚との関わりの場面や、凶悪事件の
法廷場面をはさみながら…時が過ぎていきます。
                           
Dscf1374_2 Dscf1368_2
                    
俳優さんは、皆、役になりきって…すばらしかったです。
              
木村多江さんは、ウツ状態の様子などを熱演していて、
胸がしめつけられるようでした。
リリーフランキーさんも、自然体で演じていて
ステキでした。
Dscf1372
妻が立ち直って取り組む、お寺の天井画
~四季の花々~も見事なもの。
                       
映画館の観客は、おばさんばかりでしたが、
男性にも、若い方にも観てもらいたい映画だと思いました。

ブログランキングへ参加しています。
↓↓もしよろしければ1クリックお願いします。
人気ブログランキングへ

コメント: 2

KAZU! 2008年6月28日 08:46

三日月姫さんお早う御座います!良いですね!感動できる物が在るのは素晴しい事です!この映画はきっと
私達の周りで日常起こり得る事を映画にしているので
尚更の事共感されるのでしょうね!こんな言葉が在りました!「人生は舞台だ、監督も主役も貴方だ!筋書きの無いシナリオに色付け出来るのも貴方だ!!?」

三日月姫 2008年6月28日 09:46

KAZU!さん、コメントありがとうございました。
「ぐるりのこと。」は、出演している方々が、すごく
身近な感じがしました。法廷場面でも、いろいろ考えさせられました。良い映画にめぐりあえて、よかったと思っています。
「人生は舞台だ!…」の言葉のように、毎日を
暮らしていけたら楽しいですね!私もがんばってみます。

コメントフォーム

誹謗中傷や悪意のある書き込み、営利目的などのコメントを防ぐために投稿された全てのコメントは一時的に保留されます。また、コメントの投稿について、詳しくは「ブログの使い方」ページをご覧ください。

Insert Emoddy tag

トラックバック: 0

この記事のトラックバックURL
http://blog.todock.com/mt/mt-tb.cgi/11232
この記事へのトラックバック一覧
映画「ぐるりのこと。」 from LPAおさるランド

ホーム > おさるつれづれ日記 > 映画「ぐるりのこと。」

ブログ内検索
お気に入り・フィード購読
個別バナー
ページ一覧
QRコード
携帯でもLPAおさるランド
http://blog.todock.com/mt4i/lpa/
HELPバナー
共通バナー
Google アドセンス

ページの上部へ