生活協同組合コープさっぽろで、安心生活はじめましょう。

ホーム > 市電沿線物語 > 市電沿線物語・中央区役所前 1~札幌資料館~

市電沿線物語・中央区役所前 1~札幌資料館~

こんにちは、三日月姫です。
       
電停から、大通りに向かって3~4分歩くと
札幌資料館(大通り西13丁目)が見えてきます。
大通り公園の西の端にあり、ドッシリと重厚な建物です。
札幌軟石が積まれた外壁は温かみがあり、
街なかにあっても、ほっとする感じがします。
       
Dscf1151_2
        
でも、私は一度も建物の中に入ったことがありません。
どうなっているのか興味津々で行ってみました。

      
札幌資料館は、大正15年に札幌控訴院(今の高等裁判所)
として建てられたものです。
現在は、1階に、街づくりの歴史、刑事法廷、法と司法等
の展示室、そして「おおば比呂司記念室」があります。
      
Dscf1157
        
2階には、貸しギャラリーや研修室が並んでいました。
ギャラリーでは、「水彩画展」、「暖ボールアート展」、
「竹久夢二展」が開催されていて、ゆっくり見てまわる
ことができました。もちろん無料です。
              
はじめて行って分かったことは、市民なら誰もが
借りられるギャラリーと研修室があることです。
静かで、交通の便も良く、しかも料金はリーズナブル。
(ギャラリー2,100~4,900円/日  研修室7,900円/日)
       
Dscf1130_4
(写真の中でクリックしてください。)

資料館の正面玄関上部中央には、目隠しされた女性の顔
のレリーフがあり、「あれはなに?」と不思議に思いました。
調べてみると、ギリシャ神話の法の女神で、目隠しは、
先入観や予断なく、公平な判断を下すという意味
だそうです。
        
時計台に負けない観光スポットになりそうな建物なのに、
なぜか地味な札幌資料館!
皆様も、ぜひ一度おとずれてみてください。
         
続きます。

ブログランキングへ参加しています。
↓↓もしよろしければ1クリックお願いします。
人気ブログランキングへ

コメント: 2

KAZU! 2008年4月 5日 04:35

三日月姫さんお早う御座います!この紹介はとても嬉しいです!本当に有難う御座います!是非近々中に行こうと想います!確かに昔は高等裁判所でしたが、生まれ変わったのですね!灯台下暗しとはこの事ですね!三日月姫さん!良い週末を!!
オーボワール!マダム・マドモワゼル・ア・ヴイアント!!

三日月姫 2008年4月 5日 08:44

KAZU!さん、コメントありがとうございます。
「札幌資料館」は、外から見ているだけで、中に入ったことがないという方が多いですよね。私も行ってみてホントに良かったです。
KAZU!さんのおっしゃるように、今まで灯台下暗しでしたよ。 
館内は、とても静かで、落ち着いた雰囲気です。
階段のステンドグラスなどもすてきでした。
KAZU!さんに喜んでいただけて、嬉しいです。
ぜひ一度、足をお運びください。

コメントフォーム

誹謗中傷や悪意のある書き込み、営利目的などのコメントを防ぐために投稿された全てのコメントは一時的に保留されます。また、コメントの投稿について、詳しくは「ブログの使い方」ページをご覧ください。

Insert Emoddy tag

トラックバック: 0

この記事のトラックバックURL
http://blog.todock.com/mt/mt-tb.cgi/10881
この記事へのトラックバック一覧
市電沿線物語・中央区役所前 1~札幌資料館~ from LPAおさるランド

ホーム > 市電沿線物語 > 市電沿線物語・中央区役所前 1~札幌資料館~

ブログ内検索
お気に入り・フィード購読
個別バナー
ページ一覧
QRコード
携帯でもLPAおさるランド
http://blog.todock.com/mt4i/lpa/
HELPバナー
共通バナー
Google アドセンス

ページの上部へ