生活協同組合コープさっぽろで、安心生活はじめましょう。

ホーム > おまちどうさま講演会 > 小檜山博講演会「生きる」…その3

小檜山博講演会「生きる」…その3

こんにちは、Loveルルです。

小檜山博さんの講演会は今日を含めて4日後の

11月22日です。

1

小檜山博さんの著書には、受賞作品が数多く
あります。



『光る大雪』は2003年に木山捷平文学賞を
受賞された作品です。

2007_11170002

会津喜多方出身のご両親(紀市さん、カナさん)が、
北海道に移り住み、炭焼きで生計を立てる極貧の
生活の中で、6人の子供をもうける。
現代から察するところ、ある意味波乱万丈の人生
を送られた、紀市さん、カナさん。

小檜山博さんのご両親の実話だけに、ドキドキする
場面が何度も迫ってくる。

終盤で、両親が会津に帰省される場面があります。

母のカナさんにとっては、実に53年ぶりの故郷会津で
した。

~郡山で乗り替え、やがて車窓に磐梯山が見えはじめる
とカナはしゃくり上げて泣きだした。~カナの皺だらけの
顔が涙でぐしゃぐしゃになった。 ―ほら拭け 


紀市は、自分のハンカチをカナの胸元に差し出すの
です。

ハンカチが必要な場面はここだけではないのです!!

Loveルルの稚拙な説明より手にとって読んでみてください。

「生きる」ということが、ぐいぐい迫ってきます!

この作品にはルビも多くふってます。
叺=かます
草鞋=わらじ
噎せた=む せた
糯米=もちごめ
金盥=かなだらい

ふりがながなかったら読めなかった…と思いました!

それにしても…実話に基づいた作品と言うだけでなく
感動です。

つづきます。。。

ブログランキングへ参加しています。
↓↓もしよろしければ1クリックお願いします。
人気ブログランキングへ

コメント: 0

コメントフォーム

誹謗中傷や悪意のある書き込み、営利目的などのコメントを防ぐために投稿された全てのコメントは一時的に保留されます。また、コメントの投稿について、詳しくは「ブログの使い方」ページをご覧ください。

Insert Emoddy tag

トラックバック: 0

この記事のトラックバックURL
http://blog.todock.com/mt/mt-tb.cgi/10624
この記事へのトラックバック一覧
小檜山博講演会「生きる」…その3 from LPAおさるランド

ホーム > おまちどうさま講演会 > 小檜山博講演会「生きる」…その3

ブログ内検索
お気に入り・フィード購読
個別バナー
ページ一覧
QRコード
携帯でもLPAおさるランド
http://blog.todock.com/mt4i/lpa/
HELPバナー
共通バナー
Google アドセンス

ページの上部へ