生活協同組合コープさっぽろで、安心生活はじめましょう。

ホーム > おまちどうさま講演会 > 小檜山博講演会「生きる」…その1

小檜山博講演会「生きる」…その1

こんにちは、Loveルルです。

作家 小檜山博さんの講演会の日が近づいてきました。

テーマは「生きる」…

1_2

めまぐるしく変わる社会の中、生活する人々の価値観も
多様化してきました。
しかし、根本的な人の心のあり方も、本当に変わってしまった
のでしょうか?
困難が目の前に立ちはだかった時こそ、人は苦しみ、もがきながら、
本当の「幸福」や「生きがい」を見つけるのかもしれません。
「生きる」とは、「生きる力」とはなにか、ともに考えてみましょう。

講演会は11月22日(木)の“いい夫婦の日”に行われます。

参加された方に、小檜山さんの著書を抽選でプレゼント!

その中の一冊をご紹介します!

Dscf5012

「北ぐにの人生」…

105のエッセイが収められています。
Ⅰ 生きるとは
Ⅱ 食いすぎ飲みすぎ
Ⅲ 笑って怒って

生きるとは編では… 「トイレの中で」の話がおもしろい!

~講演に出かけるときは、体調を万全にして臨むが
たまたま、前日に飲みすぎて、腹具合が悪くなった
ときに、用心のため講演前にトイレに行っておく。
身支度をしてトイレから出ようとした時に…
これから講演を聴こうとしている、男の人が4~5人
小用をたしながら…講師の話をする。
「作家は文章は上手いが、話はどうかな?」
「1時間半も何を喋るのだろうか?」~

まさか講師がいるとは知らずに話をする男の人達…
奥のトイレからでられなくなる著者…

さて、その後どうなったのでしょう…

続きを知りたい方は「北ぐにの人生」32頁を
お読みください。

つづきます。。。

ブログランキングへ参加しています。
↓↓もしよろしければ1クリックお願いします。
人気ブログランキングへ

コメント: 4

KAZU! 2007年11月19日 05:01

LOVEルルさん!!お早う御座います!何時もながら感心しております!!「生きるは全ての人の課題」
ですが!人には欲が在ります!それは人が生まれた時から始まる人に与えられた試練なのです!だから
毎日の積み重ねが人生です!!当たり前を積み重ねると特別に成るのです!お互いに生きる事のテーマに向かい死までの短く長い人生を楽しみましょう!
但し??裕福な貧乏にだけは成らない様気をつけましょう!!「人生はモデラートで!!」

Loveルル 2007年11月19日 09:14

KAZU!さま
おはようございます。
いつも、いつもコメントをありがとうございます。
励まされ、元気をもらっています!
毎日の生活や仕事に忙殺されることなく過ごして
いきたいと考えていても、流れのなかで今日も1日
終わってしまった!ふうーっ。
と言うです。あたりまえの事の積み重ね、
これがまた、難しいですよね!
「人生はモデラートで!」カッコいい!!
Loveルルは、スウィングもいいな!

KAZU! 2007年11月21日 05:17

お早う御座います!LOVEルルさん!私も勿論
スイング大好きですよ!毎日スイングしていますよ!!人はそれぞれ考え方生き方が違います!
だから人生が在るのです!!ドイツの詩人の詩でこんなのが在りました!「疲れたら休め!彼らはそう!遠くえは行くまい!!」「だから人生はモデラートで!」その内美味しいワインと肴で語りましょう!

Loveルル 2007年11月23日 09:06

KAZU!さま おはようございます。
いつもありがとうございます。
昨日小檜山博さんの講演会が大成功に終わり
ほっ!としているところです。
「人生は旅である!」とか「人生はドラマである!」
と言う人もいますが…
それぞれの生き方、人生があるから楽しいのですよね
これからもスウィングでいきます!

コメントフォーム

誹謗中傷や悪意のある書き込み、営利目的などのコメントを防ぐために投稿された全てのコメントは一時的に保留されます。また、コメントの投稿について、詳しくは「ブログの使い方」ページをご覧ください。

Insert Emoddy tag

トラックバック: 0

この記事のトラックバックURL
http://blog.todock.com/mt/mt-tb.cgi/10620
この記事へのトラックバック一覧
小檜山博講演会「生きる」…その1 from LPAおさるランド

ホーム > おまちどうさま講演会 > 小檜山博講演会「生きる」…その1

ブログ内検索
お気に入り・フィード購読
個別バナー
ページ一覧
QRコード
携帯でもLPAおさるランド
http://blog.todock.com/mt4i/lpa/
HELPバナー
共通バナー
Google アドセンス

ページの上部へ